SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ぎゅーっと球持ち、な太めのナイロンマルチがいることを忘れないでくださいね。

2020/10/22

スポンサーリンク



ここ最近、出番が少なめな気がするので、この辺でちょっと書いておこうと思います。

ソフトテニスのガットの話を少し。

ここ最近、割と細めのガットがスタンダードになってきました。

1.25mmが全盛を迎えている印象です。

ただ、全てのプレーヤーに対して1.25mmが正しいわけではないはず、と思っています。

細いゲージで弾きすぎる方に、ご提案の一つとして、しっかりとした球持ちの太めのナイロンマルチ、各メーカー、実はちゃんとラインナップしているんだよ!

ということをお知らせさせていただこうと思います。(改めまして、過ぎますが。)

 

まずはゴーセンさんから。

絶対に外せないのが、1.32mmのテックガット5300。
根強い人気があります。ナイロンマルチの決定版ですね。
個人的には、ナイロンマルチの中ではおいしい時間が長いと思っています。
球持ちももちろんありますが、適度な弾き感が絶妙です。

お次はテックガット5200。
太さは1.38mm。
なかなかに太いです。
球持ち性能、そこからくるコントロール性能を求める方にはおすすめできるガットです。

剛戦X5Sは実はかなり人気で、5300の飛びを抑えて、男性ハードヒッターが求める打ち応えをプラスしたハイブリッドです。

 

お次はヨネックスさん。

ナイロンマルチ単体では1.35mmのSトレース1機種になりますね。
過去には色々とラインナップがありましたが、廃番になりました。
非常に柔らかく、心地よい球持ちがあるのが特徴です。
メーカー毎に打感は結構変わるように思いますので、球持ちが良くって柔らかいガットをお探しの方に。

後は、DUODRIVEですね。
横糸は1.40mmです。太い!
剛戦X5Sよりも柔らかいハイブリッドで、球持ちも結構あります。
後衛向け、とメーカーが謳っているのも頷ける組み合わせです。
球持ちに打ち応えもプラスしたい、という方は是非。

 

最後にミズノさん。

1.32mmのマルチホールドがそれにあたりますね。
割と弾き感もあって、悪いガットではないように思うのですが、ここ最近、全然お声がかかっていません。
まぁ、発売時期が悪すぎました・・・

マルチホールド、入荷しています。

試打比較もありますので、是非ご参考に。

 

ということで、各社がラインナップしている、必要不可欠だけどお声がかかることが少なくなってきた…

太めのナイロンマルチでした。

楽に飛ばしたい(→それこそ細めのナイロンマルチがそれにあたるように思います。)

とはまた違うニーズですが、ご自身で押し込む時間を作りたい、球持ちが欲しい、となると検討いただく価値はあるのかな、と思います。

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)