BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

手のひら、カサカサになってきていませんか?

2020/10/21

スポンサーリンク



どれだけの方に共感していただけるかわかりませんが。

今日はソフトグリップの話を少し。

昨日、数本ガットを張った後の手のひらを見て、あ、そろそろ冬だな、と思いました。

お風呂上りとかもよくわかるのですが「かなり乾燥してきたな」ってことです。

当店ストリンガーあるあるですが、11月くらいからアカギレをつくりながらガットを張っています。

年々、どのタイミングで指が切れるのかわかってきたので、意識してアカギレしないように作業できるようになってきましたが、

今年はアルコール消毒があるので、たぶん無理でしょう...

正直、気温の変化よりも湿度の変化の方が辛かったりしますが、私だけでしょうか。

 

まぁ、それはさておき、

今年の夏は本当に暑かったので、今までグリップが滑ったことがないよ!という方でも

例年以上に「滑る!SOS!」が本当に多かったです。

汗が多くなってくると、穴あきグリップであったりドライグリップであったり、とにかく吸汗性の高いものを色々と試してみつつ、

腕からの汗はリストバンドでしっかりと止める、が鉄則だと思います。

 

で、これからの季節ですが、乾燥肌の方は、夏には調子が良かったグリップでも滑るシーンがちらほらと出てくるわけですよね。

このあたりが人気どころ(後はヨネックスのモイストスーパーやゴーセンのスーパーグリップ、ミズノガチグリetc...写真がご容赦下さい…)ではあるのですが、

結局はご自身の肌質に合うものを探していくしかないわけですよね。

ラケットやガット選びと同じですが、一回見つけてしまえば、毎年それでいけると思いますので、ワンシーズン、どこかで頑張ってみるといいと思います。
(肌質が変わる方も中にはいらっしゃるので、その際はまたお探しくださいね。中学→高校で練習量が変わってグリップを替えた方は結構いらっしゃいます。)

 

日が落ちるのが早くなるので、基本的にはボールを打つ機会は減るはず(バドミントンの場合、学生さんは下校時間が早くなる)なのですが、ウェットな質感がなくなってきたら

迷うことなく巻替えるのも大切になると思います。

 

本当に乾燥がひどい方は、打っていると自然にアカギレしてきてグリップを血で染めながらプレーをするわけですが…

ハンドクリームを塗ってもグリップは回ってしまうし、

なかなか対策が難しいところです。
(私も経験ありますが、結局これは正解がわかっていません。どうしたらいいんでしょうね。)

 

どの程度乾燥肌の方がいらっしゃるかはわかりませんが、真冬前に、ソフトグリップ探しはお早めに。

 

個人的、冬あるあるでした。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)