TENNIS(硬式テニス)

発売前からヨネックスは手応えを感じているようです、VCORE。

2018/08/20

スポンサーリンク



EZONE→VCORE PRO→赤ラケVCOREと流れが続くか。

さらにスピン特化!!VCOREがリニューアル!

今月末にリリースされる新生VCORE。(メーカー発表は9月上旬ですが、順調に入荷してくると8/25に一斉発売とのこと。)

発売時期ががっつりかぶっているPURE AERO 2019モデルとバチバチやりあいそうです。

PURE AERO 2019がでます。

当店のYONEX担当は硬式出身のため、硬式テニスの情報をいろいろと教えてくれます。

ソフトテニスの情報は、というと以前の担当の方に電話をしたり、展示会とか大会で会ったときにまとめて聞いたり。

 

話を戻して新生VCORE。

つい先日、小売店を対象にした試打イベントがあり、そこでの感想や反応をみて、「これは手応えを感じている」とのこと。

当店もVCORE 100に関しては店頭常設試打を用意しますが、常設試打を準備していない場合はメーカーにある試打ラケットを借りることになります。

その順番待ちがすでにスゴイんです、とうれしそうに話していました。

 

例えばPURE AEROとかPURE DRIVEのように圧倒的に売れているフレームは、どこまで変更させるのかが難しく、今までの良さも残しながら、でもリニューアルをしていくという必要性があります。

YONEXラケットもここ2、3年の人気はかなりのものだと思うのですが、販売数や実績をみるとまだまだのよう(ストリングの販売数なんかすごい伸び方してると思うんですが)で、しかも、YONEXさんの場合は、売れていても/ファンがいても結構大胆にリニューアルします。

他のメーカーよりも変更が多いのがカーボン素材。

新しい素材をどんどん投入していきます。

それでもって良くなる部分もありますし、逆にファンが離れてしまう場合もあります。最近は功を奏しているのかな?…多分。

今作NEW VCOREは、フレーム形状自体も結構大きく変更していますので、そこにも注目してもらいたいなと思います。

ソフトテニスでは多いですが、硬式ではなかなかみない、トップ部はフレーム内側をえぐった形状で、空気抵抗を減らして振り抜きをアップ。

さらにストリング可動域を大きくとれ、有効長も長めに確保。

 

ファン層を拡大できるよう、攻めてるなぁという感じです。

 

発売まで後1週間足らず。

VCOREの赤旋風。

楽しみですね。

ではでは。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)