BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TABLE TENNIS(卓球) TENNIS(硬式テニス)

安かろう悪かろう、という句はラケットスポーツに通ずるのか?

2018/01/15

スポンサーリンク



セールをさせていただいたので、「安かろう悪かろう」についてちょっと考えてみる。

昨日まで店頭でセールをさせていただき、ありがたいことに忙しくさせていただきました。

そこで、ふと頭によぎった「安かろう悪かろう」という言葉。

 

意味合いは、、、そのままですが、「価格が安いものは、それ相応の品質なので、良いものはないということ」

です。

 

この言葉は果たしてラケットスポーツにも通ずるのか...ちょっと考えてみたいと思います。

※対象商品は、当店取り扱いのメーカーに限ります。

 

シューズ

まずはシューズ。

これは、安かろう悪かろう、でしょう、間違いなく。

6500円のシューズと10000円のシューズと15000円のシューズ。

同じ設計のはずはありません。

もちろん高価格なシューズの方が色々な機能が入っています。

 

…但し、です。

シューズは合わせ方を間違えるといい機能が入っているものでも故障を招きます。

サイズは?ウィズは?フィッティングの大切さ。

あとは、プレースタイルによって、どのようなシューズがあうのだろう。

プレーとの相性も考える必要がありそうです。

単純な機能でいうと安かろう悪かろう、でも、合う合わないで実はリーズナブルなシューズの方が足にとっていい場合があります。

【シューズフィッティング】座位と立位の足のサイズの違いについて正しく理解する。

ラケット

これは分かりやすく、、、

高いラケットほど上級者向け、となります。

より使う人を選ぶようになるのが高価格帯のラケットといえるでしょう。

レベルにあわせて徐々にレベルを上げていく。

初めから一番高いものがいい、とは決してならないかと思います。

※卓球においては高価格であっても初心者から扱えるものも多数あります。

【ソフトテニス】ハイエンドモデルの魅力と難しさは比例する?

硬いフレーム(ハイエンドモデル)×中学1年生(入部して半年くらい)…たまにいらっしゃいますが…。

 

テニスのガット/卓球のラバー

まず、テニスのガット(ストリング)について考えると、これは安かろう悪かろうでは無いと思います。

悪い製品はそもそも使われません(すぐに廃番になったりしますね)し、市場にも出回らないと思います。

メーカー戦略でわざと価格を下げて発売される製品もありますし、ぴったりとあうガットを使っていただくのがベストではないか、と思います。

卓球のラバーは、またこれ異色...。

価格が2000円〜8000円ほどまで、とかなり幅広く、価格の高いものはもちろん上級向けに発売されますが、実は初心者~使ってもいい製品もあったりします。逆に上級者でも低価格帯のラバーを使用したりします。(プレースタイルによる)

低価格帯〜中価格帯のステップアップをする際、打球感がかなり変わる、ということがしばしば問題となります。

単純な威力だけでいうと→安かろう悪かろう。でもどの製品をチョイスすればいいか?

消耗品には様々な側面があります。

 

...ということで、スポーツ用品。

性能だけみれば安かろう悪かろう。

実際にそれがプレーヤーにフィットするか?を考えていく必要があります。

 

単純に割引率が大きくなるセール。

これは大いに活用してください。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TABLE TENNIS(卓球), TENNIS(硬式テニス)