SOFT TENNIS(ソフトテニス)

「吾輩は糸である」そろそろ名前が決まりそう?なの??

2020/12/01

スポンサーリンク



忘れられないよう、ぽつぽつ書いていこうと思います。

発売はまだしばらく先ですが「吾輩は糸である」を張り上げました。

投票が終わったということで、しばらく時間が経つ「吾輩は糸である」。

一応、CORE7に決まった?ようですが、トーアバレットの意志も残したいようで、最終的にどうなるのか、楽しみにしています。

twitterのアカウント名「TOALSON tera」さんが取り仕切っているようですので、また折を見てこっそりと情報収集したいと思っています。

 

昨日、硬式テニスのマルチフィラメントを取り上げましたが、このトアルソンストリングは、冬でもイケるストリングになると思いますよ、と少し。

 

構造がモノマルチということで、マルチほど柔らかくなく、モノほど硬くないので、本当に季節を選ばずに使えると思っています。

一応、繰り返し試打をしていて、糸自体の表情はわかってきましたが、あえてまだ詳細はお伝えしないようにしています。
(どちらといえば、マルチ寄り、とだけ書いておきますね。)

発売までまだしばらくありますので、今色々と書いても、結局まだ使えないので…

 

ただ、面白そうだな?というご提案としては、季節によって、柔らかい方のコーティングと硬い方のコーティングを行き来する、という張り比べ。

夏は硬い方、冬は柔らかい方、と。

中身の構造は一緒なので、大枠の打感は近いです。なので、季節によって、コーティングで掴み感や微妙な打感を調整できれば面白いと思います。

コーティングだけで?と思われるかもしれませんが、両者の表情は確かに違いますし、他のメーカーさんにあってなさそうな隙間をうまくついていると思いますので、爆発的なヒットはしないかもしれませんが、地味に売れ続けそうな糸になりそうに思っています。

 

新製品は春に集中するのですが、出来れば良さを体感してもらうのに、冬に発売しても面白かったなぁ?と思ったりもします。

 

ガムブーストはこれからの時期にハマるガットになると思うので、発売時期は良い感じだったですよね。

感想をお聞きしていると、打感は軽い、しっかり飛ぶ…ちゃんと回転がかかる!とガムゾーンを敬遠しておられた方に結構ご好評いただいている印象です。

 

ということで、トアルソンストリングについて少し。

発売まで忘れるべからず。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)