SOFT TENNIS(ソフトテニス)

MSフォースとミクロの位置付け。ガットも時代と共に変わる。

スポンサーリンク



新旧スタンダードガット、MSフォースとミクロ。

 

長らく、ゴーセンのガットのど真ん中(もっというと、ソフトテニス業界のガットの基本)として、ハイシープミクロが君臨しておりました。

今も社会人の方のガット張替のときには、

「ハイシープで」

といわれることはちらほら。

※ハイシープシリーズには、ミクロとミクロスーパーがありますが、「ハイシープ」というワードはミクロを指すことが多いです。というかほとんどそうかな。

まだまだ根強い人気があることがわかります。

 

なのですが、最近のソフトテニス業界では、1.25mmゲージがスタンダードとなりつつあります。特に若い世代。

事実、ハイジャパでは以下の記事に掲載したようなランキング。

Nexiga 80S...売れてます。あとX5S、ミクロパワーについて

5300、X7Vを除いて(MSフォースドライブは1.25mm平均として考えます。)ほとんどが1.25mm付近。

また、高校近畿大会でもミクロは1張りも張らなかったです。

まさに、細ゲージ全盛の時代です。

 

初心者は何から始めるのか。

じゃあ初心者は何から始めたらいいのか。

…という話でMSフォースが登場します。

そもそも、MSフォースはゴーセンが"新"スタンダードとして発売したガット。

ゴーセン的には今までのスタンダードのミクロにとってかわる位置(にくる/にきてほしい)ガットになります。

構造的に、ミクロってガットのコーティング層がないために、表面がざらざらしていて引っ掛かりが良い

また、そこまで硬くないために1.35mmと太いけどある程度飛びもいい、というやっぱり基本には最適なガットなんです。

ただ伸びやすいのが欠点です。すぐ伸びます。

伸びやすいけど、バランスが良い。だから当店もやっぱり基本にはこのガットを持ってきたいな、という気持ちはあります。

 

対して、MSフォースは、というと、以下の記事に書きましたが、従来の1.25mmガットよりコントロール性能がよく、確かに始めから使っても悪くない。

MSフォースとサイバーナチュラルシャープを比較しつつレビューします!

当店的に、MSフォースはお気に入りのガットということもあって、ミクロとMSフォースの位置付けが難しい。

 

両方ともゴーセンのスタンダードガット。喰いつき重視ならミクロ、弾き重視ならMSフォース

、、、こんな感じでどうでしょうか。

ミクロは廃盤にできないだろうと思うんです。

だから数は減っても、今の主流じゃなくてもゴーセンのスタンダードガット。

MSフォースは今風のスタンダードガット。

それでいいかな、と。

どっちもこれから先、長く現役ガットで居てほしいものです。

ではでは。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)