BADMINTON(バドミントン) REVIEWS(レビュー記事)

NANORAY 700/800/900 比較します。(限定買ってね、的につながります、笑)

2017/02/20

スポンサーリンク



NANORAY 700 ~ 900を比較します!

なんか今更?と思いつつ、結局ナノレイシリーズってかなりファンが多いんです。

ということで、売れ筋の3機種を比較してみます。

ちなみに、以下の写真が、それぞれのデザイン。左から700FX、800、900です。

IMG_2178

ではさっそく。

まず、フェイスサイズ。同じですね。i-SPEEDとZ-SPEEDはフェイスが小さいですが、これらは(SPEEDシリーズからすると)やや大きめ。

IMG_2179

フレーム厚は決定的に違います。

700FX(一番左)が肉厚なのに対して、より上級向けな800、900はしっかりと細いです。先日のLD-FORCEみたいな感じの形状してます。※また違うのですが、、、。

こう見ると900が一番細く、飛ばしやすい肉厚ラケットに比べて力が要るのがわかります。

IMG_2176

で、シャフトの違いです。

700FXは普通のストレートシャフト。800、900はスリムシャフトを採用しています。

IMG_2182

800と900は見た目からはほぼスペックの違いがわかりません。ラケット材質の違いで、800をよりしっかりさせたのが900。

名ダブルスプレーヤー(アッサン、セティアワン)の使用とともにデビューして2年?3年?くらいでしょうか。

800ほど使用者はおられませんが、じわじわ来ています。

ちなみに、700FX、800、900を同時にお客様に試打をしていただくと、

社会人女性(30~40代)の方:700FX

男子高校生の方:800(900は硬かったようです。)

社会人男性(30~40代)の方:900

がいい、という結果が得られました。(900出はじめのころで結構前ですが。)

試打をしていただいた女性の方は普段からあまりテンションをきつく張りません。20~21ポンド程度で強チタン。

男子高校生の方は27~28ポンドのハイテンションで張り上げる(ガットも太いゲージ)こともあり、900でかなり硬さが目立ったようです。

社会人男性の方は24ポンド前後で強チタンを。

お客様のレベルもばらばらで、試打ラケットのテンションも都度違ったので、あくまでも参考程度に。

ちなみにちなみに、サンプル(3U5)ですが、ソフトテニス、硬式テニス対応のスイングウェイト計測マシンで3本計測してみると、面白い結果に。

700FX:87g SW:87

800:86.5g SW:86

900:86.5g SW:86

バランスはあまり変わりません。

ヨネックスさんがスゴイのは、同一フレームに重さ違いを出せること。

他のメーカーではほとんどありません。一部の商品ではありますが。

なので、700FXも4Uにするともっとバランスの値も軽くなりますし、900は2Uがあります。

あくまでもそれぞれ同じような重さのものを持ってきて計ったら、バランスも近かった、という話です。

 

最後に、、

動きだしはよかったのですが、少し残っている限定モデル。(3U5のみ)

IMG_1721

よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), REVIEWS(レビュー記事)