BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

日に日に手が乾燥してきているのがわかります。【冬に向けたグリップの種類】

2019/10/21

スポンサーリンク



手がカサカサになってきた。。。

ソフトグリップの種類が多すぎてどれがいいのやらわからない問題。。。

以前、もう一つのブログに書かせていただいたのですが、ソフトグリップの種類が非常に多くなっており、結局どれを使用すればよいのか、わからなくなってきています。

ウェットタイプ、ドライタイプ、表面加工が施されているもの、色々とありますが。。。

個人的な話をさせていただくと・・・感想肌のため、冬はガットを張っていてもあかぎれします。

そんな方がどれだけいらっしゃるかはわかりませんが、手の乾燥具合に合わせてウェットレベルを上げていただいてもいいかもしれません。

 

よく売れるのは、言わずもがなヨネックスのウェットスーパーですが、ぴたーっとくっつくものですと、ゴーセンのスーパーグリップ、もしくはウィルソンのプロオーバーグリップがおすすめです。

乾燥する時期に非常に助かります。

もしくは、柔らかいウェット感が長続きするものですと、ボウブランドのプログリップ。こちらもリピートは多いですね。

あとは、ヨネックスのモイストスーパーですね。握り心地が柔らかく乾燥肌の方に優しいのではないでしょうか。

 

握り込める、という観点から考えるとヨネックスから発売されているウェットスーパーソフトグリップもおすすめ。

ソフトグリップの層が分厚いので、もちっと握り込めます。

あ、ガチグリもありますね。

 

冬でも汗をかくんだよ、という方も多いので、ドライ系のグリップ(もしくはウェット系でも汗をしっかりとすってくれるもの)の需要は年中ありますが、やっぱりソフトグリップの売れ行きは冬にぐっと良くなります。

手の質感は人それぞれですので、合う合わないは試していただくしかないのですが、選択肢はいろいろとご用意させていただいております。

 

お客様の中には、クレーコートでプレーされる方が多いので、ガットを張り替えるときにグリップの状態も見させていただくのですが、砂が噛んでしまってせっかくのウェットの質感がさらさらに変わっている場合が見受けられます。

投げてしまってラケットが折れてしまうと元も子もないので・・・

手に直接触れる部分だから

グリップテープはしっかりとケアをお願いいたします。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)