SOFT TENNIS(ソフトテニス)

今更ですが、ミズノストリングもよく売れています。

2021/01/07

スポンサーリンク



モノスピード/マルチドライブは特にしっかりと定着しています。

ミズノ新製品ストリング【モノソニック】【マルチコントロール】はどうだ!?

当店的なガットメーカー比較【GOSEN vs YONEX vs MIZUNO】

じゃあマルチドライブはどんなの?改めて解説。

爽快な飛びが癖になる!?ミズノモノスピードは球持ち系弾きガットの中で一定のシェアを獲得しました。

(最近、なかなか更新できていませんが、姉妹ブログを引用...)

 

新鮮な情報ではありませんが、ミズノストリングも根強く売れています。

1.25mmのモノフィラメント、モノスピード
1.25mmの八角形断面のマルチフィラメント、マルチドライブ

は特にしっかりとリピート張りがあります。

他のメーカーにはない特徴として、表面の低硬度ウレタンコーティングの力が強いのだろう、と踏んでいます。

 

モノスピード、マルチドライブ(さらにはモノソニック、マルチコントロールまで含めて)共に、低硬度ウレタンコーティングが表面でしっかりとボールを掴んでくれるため、一瞬の球持ちを生むことができ、スピードを殺しすぎずにボールを送り出してくれます。

意外と…他のメーカーにはない感覚だと思っています。

 

モノスピードに関しては競合するガットがわかりやすく、ゴーセンですとミクロパワー、ヨネックスですとシャープになると思います。

弾き感は3者の中では一番マイルドかなぁ?と思っていますが、スイングスピードがそれほど速くなくともモノフィラメントの弾き感(さらには適度なコントロール性能も)が実感できますので、ナイロンモノを試したい!という方におすすめです。

シャープも割とコントロール性能が高め(一瞬のグリップがある)ですが、もう少し弾く感覚が強いと思います。

弾く順(あくまでも当店的に!):ミクロパワー→シャープ→モノスピード
(コントロールがしやすいのはモノスピード→シャープ→ミクロパワーになると思います。)

スイングスピードが速くなるとミクロパワーのグリップがぎゅっと効いてきます。

スイングスピードがゆっくりめな場合はミクロパワーの芯材が割と硬めなので、グリップのぎゅっを感じる前にボールが離れてしまうイメージになります。

このあたりはプレーヤーによって感想が逆転します。

モノスピードの雰囲気が良くて、さらに弾きが欲しい方はモノソニックに移行されるのもアリですね。

1.22mmですが、打感的にめちゃくちゃ硬い!という感じはないように思います。

 

マルチドライブは、競合がいるようでいないガットで、表面が八角形をしています。

【柔らかいウレタンコーティングが八角形】なので、ポリアクションみたいに角がめちゃわかる!という感じではないですが、表面の柔らかさ+八角形+マルチなので、素材の柔らかさも相まって、しっかりと喰いつきが得られます。(回転性能が良い感じ!)

ナイロンマルチなので、ナイロンモノに比べると反発はやや弱めで、しっかりと振り切らなくともボールが飛んでくれますので、特に女子プレーヤーから人気があります。

マルチドライブよりも弾きが欲しい方はブラスト、さらに弾き!となるとテックパワーです。

マルチドライブから球持ち性能をプラスしたのがマルチコントロール。

またこれも絶妙な感じで、もっちりしっかりとボールをホールドしてくれます。

 

ミズノガットの基本

ナイロンモノはモノスピード
ナイロンマルチはマルチドライブ

ですが、

モノスピードよりも弾きが欲しい!でモノソニック
マルチドライブよりも球持ちが欲しい、でマルチコントロール
マルチコントロールよりもさらに球持ちが欲しい、でマルチホールド

と実は結構バランスが取れているラインナップをしています。

 

初張りに是非ミズノガットも選択肢に入れてみて下さいね。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)