BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

こうも寒くなると…

2021/01/10

スポンサーリンク



寒波の影響はすごいですね。。。

(サムネは、気持ちだけでも明るく、とレインボーカラーを選んでみました。)

連日、かなり冷え込んでいます。

依然としてコロナ禍は余談を許さない状況ではありますが、お客様は外で元気にテニスされていたり、

感染対策をした上でバドミントン、卓球を楽しまれています。

 

気温の変化に応じてガットのテンションを見直して、なんてよくお伝えしていますが、ここまで一気に寒くなると・・・

ガットのテンションだけで調整できない部分も出てくるかもしれません、というお話。

 

たとえ入念に準備運動を行ったとしても、体が冷えるのも早いと思いますので、少しでも体の負担を減らすのであれば、

【硬式テニス】
フルポリの方は、まずはテンションを下げることを考えられる。
→そこからさらに体の負担を減らすことを考えられるのであれば、ハイブリッド
(もしくは柔らかめのポリを選択されるか。)
→もう一段階落とされるのであれば、ナイロンモノ、ナイロンマルチの順に。

ボールが飛ばない部分を無理してフォームが崩れてしまう→肘や手首、肩が…と特になりやすい季節です。
とりあえず張り替えることは大前提で、後はどう調整していくか。

冬は辛抱。。。はい。。。

【ソフトテニス】
とりあえずポリを使われている方は無理をされないことを前提に、飛びを求められるのであれば、今の時期だけハイブリッドやナイロンに移行してみて下さい。
打感も随分柔らかくなりますし、ボールの飛びも出てくれると思います。
どうしてもポリ、となると、テンションを下げすぎても飛びませんので、ポリアクションプロ(くらいしかありませんが…)のようにパワーアシストがある程度あるポリを。
もともとナイロンの方は、テンションを下げるだけで対応ができるかもしれませんし、大きく変化を付けたいのであれば、種類ごとご相談下さい。
V-FIREのように、軽く大きく飛んでくれるガットもあるため、今はかなり選択肢の幅は広がったように思います。

【バドミントン】
テンションを下げる+ガットの種類をどうされるか、ですが、反発を求めて細いゲージをご選択されると、角切れのリスクが上がりますので、割と組み合わせが難しいです。
まずはいつものガットを2ポンドとか3ポンド下げてみて、が良いかと思います。
12月はここまで気温が下がることを全然イメージできませんでした…
10℃近く落ち込んでいますので、割と別世界です。

【卓球】
ガットではありませんが、ラバーのご選択を考えられる方は、ラバーの厚みを上げてみたり、硬度を下げてみたり、と色々と工夫を凝らしておられます。

と、各競技、真冬への衣替えを今のうちに。

体を壊してしまう前の対処が大切です。

 

ではでは。。。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)