SOFT TENNIS(ソフトテニス)

やっぱり、何色にでもばっちり合いますよ。

2022/09/12

スポンサーリンク



ここにきて、またタイポグラフィホワイトがキテいます。

タイポグラフィデザインのジオブレイク70シリーズ。

タイポグラフィジオブレイク70はガットの色で遊べるシンプルさがある。

発売当初は、学生さんからの反応はぼちぼち、初動がゆっくりかな?なんて書かせていただいたのですが、ここに来て、販売数がぐんぐん伸びています。

もともと、70Sは超人気品番でしたが、ここ最近は70バーサスも多くなり、それに引っ張られ(?)70Vもお選びいただくことが増えてきたように思います。

 

単純なカッコ良さはファイヤーレッドに軍配が上がると思うのですが、ガット/ストリングやグリップ、グリップバンド、エッジガードで、何色にでも染めることができることから、周りで同じフレームを持っていたとしてもオリジナリティをしっかりと出せるのが選ばれている一つの理由になるんだろうと思います。
(もちろん、使用感が第一ですよ!)

ほんとに、何色と合わせても綺麗です。

ここ2.3日でお張りした色は、ホワイト、ブラック、バイオレッド、ライムグリーン、オレンジ、ブルーなど、かなりバラエティに富んでいたのですが、どの色とも調和がしっかりと取れていました。

好きな色で練習や試合に臨めるのは、メンタル的にも良い効果をもたらしてくれそうです。

で、組み合わせも、結構バラエティに富んでいるんですよね。

モノフィラメントやモノマルチと合わせて、ある程度打感を残しておいた方が癖なく使えるとは思うのですが、
ナイロンマルチを組み合わせ、しっかりと球持ちに振り切るパターンも割とありますし、
ポリアクションと合わせる方も(高校生以上の男子)一定数いらっしゃいます。

打ち心地・使用感、全く違うんだろうなぁ、と思いを馳せながら張り上げさせていただいています。

 

また、これは店頭での話なのですが、ラケットを買い替えようと思う時期って不思議と被るもののようで、当店店頭で同じ学校の子とばったり。ということが、ここ最近の週末は何度かあったように思います。

あとは、ラケットを買い替えた子をみて、翌週にお店に来てくれたり。

新チームに変わり、心機一転頑張ろう!という時期でもありますし、ラケットの持ち替えは気分転換にももってこいですね。

あかし3割おトク券もご使用いただけますので、お近くの方は是非ご一考くださいね。

 

ということで、タイポグラフィジオブレイク70についてでした。

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)