SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

パワークッションエクリプション2が入荷しましたので、実物から少し解説。

2018/01/15

スポンサーリンク



パワークッションエクリプション2が入荷しました。いろいろと撮影してみました。

ヨネックスのテニスシューズの最高峰、エクリプション2が入荷しました。

画像を撮っているといろいろな発見があるようで、ちょっと解説を入れてみようと思います。

まずは上の写真。

シューレースが通っていないシューホールが一つ。

これ、個人的には最高だな、なんて思っています。

アシックスのシューズには常にあった、「通常はシューレースを通さないシューホール」

あるだけでいろいろとフィッティングの幅が広がります。

今までのモデルはシューホールがなく、今回、地味にかなり評価している進歩です。

次は、耐久性を上げるための内側に設けられた新意匠。

これがどのくらい、実際の耐久に寄与するのでしょうか。

実際にプレーに使用されるこれからの話ですね。いろいろな声を待ちたいと思います。

アッパー部分は、前作は全て樹脂で固められていましたが、今作は表層にもメッシュが。

少し柔らかくなっているかと思います。

こちらも履いてみて実感していただく部分です。

アジリティボルトは横ブレを防止する新意匠。

試し履きしてみましたが、確かに安定性がしっかりとありました。

(前作は踏まず部がかなりあがっていたのですが、今作はやや軽減かな、とかなり個人的に。)

アウトソールもかなりがっしり。

シャンクがドン!と入っています。

これも横ブレ防止の一つの要因。

本作は、本当にブレは感じにくいモデルになるのではないかと思います。

そして、噂のパワークッションプラス、新作からは高価格帯のモデルにパワークッションプラスが搭載されていきます。

 

…と、いろいろな細かな解説を入れさせていただきました。

ヨネックスの安定性重視シューズ。

是非お買い求めを。

 

最後に、ウィズについて少し。

試し履きをしてみて…おそらくレギュラーの足囲、足幅になるかと思います。

メンズでは2Eがレギュラーラストといわれますが、(私がレギュラーラスト)それでウィズはぴったり、といった感じでした。

もちろん人それぞれ足の形が違いますので、実際に履いていただいてご確認いただきたい部分となります。

ここは個人的試履き感想として。

 

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)