REVIEWS(レビュー記事) SOFT TENNIS(ソフトテニス)

【YONEX STRINGING TEAM】S張り、V張りについてのレビュー

スポンサーリンク



ヨネックスのS張り、V張りとは。

かねてより、業界で密かに話題になっていたヨネックスのS張り、V張りについて。

張り方については以前から聞いていたため、口頭レベルでしたら対応しておりましたが、公式に講習会がありましたので、ここでアナウンスをさせていただきます。

※しっかりとボリュームのある記事です。

情報を整理してお送りいたします。じっくりお読みください。

ヨネックスの情報を主にして、当店の意見を入れずに書かせていただきます。

「感覚の世界」に正解はありません。そのようにご理解下さい。

 

開発の経緯

まずは、なぜこのような張り方が生まれたのか。

 

ソフトテニス業界においては、GOSENパターンに代表される1本張りが古く(といってもここ最近の話)から浸透していました。

手張りのころは2本張りですが、GOSENが「張人」を認定することにより、1本張りが多くなっていったものと思われます。※このあたりの背景はあくまでも予想。

実際、講習会に参加していた店舗においては、半数以上が1本張りを店舗にて基本の張りとしているとのアンケート結果が出ていました。

当店も1本張りが主ですが、2本張りももちろん対応可能です。(張人とは、GOSENパターンを習得している人のことを指します。)

WEB SHOPでの張り替えでは、パターンをいろいろとご用意しております。

 

さて、経緯について。

「ヨネックスストリンギングチーム」というガット張り集団を形成するにあたって、

”ヨネックス独自の張り方”
(それもチームメンバー誰が張ってもできる限り同じ仕上がりにならなければいけないという理念をもって。)

が必要であり、ゴーセンが1本張りを主とするのであればヨネックスは2本張りを主としよう、がスタート地点。

さらに、前衛向け、後衛向けの張り方を作ろう、ということで苦心して出来上がったのがS張り、V張りです。

 

1本張りと2本張りの違いについてはいろいろと細かな点があるのですが、ここでは追求しないものとします。

実際、どちらでも同じように仕上げていく必要があります。ここを話し出すととにかくややこしくなります。考え方によって答えが違いますので。

 

S張りとV張りのコンセプトの違い

では、S張りとV張りの違い

S張りは、ラケットのセンターやや上部のテンションをしっかり出すことを目的とした張り方です。

メインの打球場所がラケットセンターよりやや上部寄りな後衛が、打球時に打ち応えを得ることのできる張り方と紹介されていました。

 

一方V張りは、ラケットのセンター部分に広く柔らかいスイートエリアを作り、マイルドな打球感を実現することを目的とした張り方です。

ラケットのセンターでボールを捉えることの多い前衛が、打球時に気持ちいい打感を得ることができる張り方として紹介されていました。

 

補足として、これはあくまでも傾向の話であり、後衛が全てS張り、前衛が全てV張りではありませんし、メインの打球場所も人により様々です。

僕/私はこう思う!という部分があって当然だと思います。

実際、以前のヨネックスの当店担当は前衛ですがS張りをしていると話しておられました。

 

肝心の打感は打ち方によって意見がはっきりと分かれそうな予感。

上に書かせていただいたように、前衛でもS張りを好んだり、後衛であってもV張りを好んだりすることがあります。

結局は打ち方によって感想は変わります。

いや、わからない、、、という方もいて当然だと思います。

一番上に書かせていただいた通り、感覚に正解はありません。

当店社長は前衛ですが、(ヨネックスの説明とは逆ですが)S張りの方が柔らかさを感じたようで、こちらの方が好きだな、と試打後に感想を残しています。

これも一つの正解でしょう。(正解はその人の中にしかないものと思われます。)

ボールを手元で弾かせる打ち方なのか、押し込む球持ちのよい打ち方なのか、

コンパクトな振りなのか、大きな振りなのか、

力はどのくらいあるの?、

体格は?

etc...

例えば違いを考えるとこんなことが考えられます。

打ち方によってS張りの方が硬く感じたり柔らかく感じたり、V張りの方が硬く感じたり柔らかく感じたり、いろいろとあるのだろうと思います。

 

ゴーセンパターンも当店のオリジナルパターンも、また違います。

さらに言えば、張り手によって仕上がりは全く異なります。

だから日々勉強をする必要があり、その奥深さがガット張りの魅力なのだろうと思います。

 

当店が出来うる限りのサービスを、日々追求してまいります。

お近くの方は是非店頭まで、遠方の方はWEB SHOPを是非ご利用ください。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-REVIEWS(レビュー記事), SOFT TENNIS(ソフトテニス)