TENNIS(硬式テニス)

23mmのフラットビームでパワーアップを図ったVCORE PRO。

2020/02/28

スポンサーリンク



準・薄ラケくらいになるのかな。

日本限定スペックとして、VCORE PRO 100 JPが発表されました。

295g ave.で軽くなっているのがまず一つ、もう一つに、ビームの変化、ですね。

21mmフラットビームから23mmフラットビームへ。

23mmまで厚くなってしまうと薄ラケではなく、準薄ラケくらいになると思います。

 

VCORE PRO由来のしなりは薄れてしまうかもしれませんが、パワーアップと、VCORE PRO使いたけれど飛ばないのがしんどい、という方にも使っていただけそうです。

とはいえ、あまりがっつりとは発注していませんが・・・

 

ヨネックスの実証データ(弊社はヨネックスのことです。)を見るに、飛距離はアップしますが、VCORE PROのウリのコントロール性能は落ちてしまいます。

基準を全部VCORE PRO 100 JPにしないというずるさ、笑

 

接触時間をVCORE PRO 100を100にしてみて、100 JPを換算してみると・・・97.6%(100 JP)

ボールの潰れ量を同様にVCORE PRO 100を100にしてみると・・・94.2%(100 JP)

となります。

 

100を下回るとマイナスなイメージを持ちますが、数値を言葉で表すと、ボールを潰せないけれど、その分しっかりと飛んでくれるので、ボックス系で飛ぶモデルを探しておられる方はいいですよ、とこんな感じですね。

理系なもので、データはできれば基準を合わせておきたいところ。計算あってますよね。。。?

 

飛ぶけれど、重量が軽いので、その分スイングスピードが上がるのであれば、ボールの接触時間を確保できるでしょうし、結局データはデータ、気になる方は使ってみて判断をしていただければと思います。

 

ここ最近、ヨネックスさんの勢いがハンパないので、これも一応期待しているのですが、EZONEほど爆発的ではないと思います。

後ろ向き。。。

 

ということで、日本限定スペックがどこまで売れるのかにも注目したいVCORE PRO 100 JP。

来月末の発売です。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)