SOFT TENNIS(ソフトテニス)

バーサスに目が行きがちですが、こちらもお忘れなく

2020/02/27

スポンサーリンク



ポジションが決まっていない方には特におすすめです。

「バーサス」・・・という響きにやられがち、ではありますが、こちらもお忘れなく。

「SCUD 05-C」。

コントロールタイプの中級向け・前衛向けモデルです。

前衛向け、ではありますが、中級向けフレームにありがちな、先重め設計。

先重め設計が故に、"がっつり前衛"プレーヤーからすると、ボレーがし難い・・・という声もありますが、逆にストロークはやりやすい、と後衛プレーヤーから支持があり、

面白いモデルです。(その元祖はXyst T1だと思いますが、T1ほどとんがったフレームではありませんよ。)

 

そもそも、

中級向け→中上級向け→上級向け

となるにつれ、フレームは硬く、バランスはヘッドライトに遷移していくのが各メーカーの流れです。

 

ですので、中級向けって先が重くなりがち。

SCUD 05でいうと、05-Rは割と先が軽めのものが多く、05-Cは前衛向けにしては先が重いものが多いです。

 

中級向けの柔らかさ+先の重さが、なんだかいい感じにストロークに向いており(ラケットの長さを使うプレー全般って言い換えてもよし、でしょうか。)

もちろん前衛向けなので、マイルドな弾き感もあるため、満遍なく色々なプレーをこなしていただける、というわけです。

しなり感もある程度感じることができるのも・・・ストロークもいけちゃう理由なのでしょうか。

 

バーサスシリーズは、確かにオールラウンドではあるのですが、フレーム形状が独特で少し癖があります。

また、フレーム形状からくる、スポットの違いが、次の持ち替えへの障壁になる恐れもある、と、そのように思っています。

使ってみて「バーサスモデルが良かった」という方は50→70とバーサスモデルを渡り歩いていただくのがよさそうです。

 

ここ最近、ポジションがしっかりと決まらない中学生が多く、試合によって前衛をしたり、後衛をしたり、ダブル後衛だったり・・・と

ラケット選びが難しいケースがちらほらとあるのです。

 

学年が上がるにつれ、ポジションは決まっていくものですが、まだわからない、という段階においては、SCUD 05-Cも候補の一つにしていただければ嬉しいなぁ、と思う次第です。

 

リマインダー的に、SCUD 05-C。

おすすめの一つです。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)