SOFT TENNIS(ソフトテニス)

本当は細かく打つべきですが…

2022/07/01

スポンサーリンク



時間が取れず、一気になってしまいました…

先日、今月来月発売の新製品の試打を行ってきました。

こちらのブログにて、順次記事をアップしていきます。

 

時間がなかなか取れず、ここ最近の新製品を一気に試打しましたので、頭の中はこんがらがります。

試打は1本ないしは2本で行うのが適切だと思います。

 

ボルトレイジ8S/8Vは、Fレーザー9S/9Vと比較しましたので、両者の違いがよくわかりました。

ストリングも4本とも張り替えたので、直接的な比較が出来ました。

 

お客様への貸し出しもスタートしていますので、店頭にてお申しつけください。

発売してからしばらくは1泊2日でお願いを致します。

 

D FORCEのグロメットの動きについては、スイングスピード(や、もちろん体の力などなど)とフレームの硬さがどのくらいマッチしているのかが重要になってくると思います。

スイングスピードが速い方がTOURを打つと、
スイングスピードがそれほど速くない方が10を打つと、
それぞれ、グロメット部分の仕事量が最適化されるんじゃなかろうか、と予想しています。

このあたりは、お客様の試打感想をいただきつつ、理解を深めていければと思っています。

 

今試打出来ていない部分としては、デュオラッシュとライジングストームになります。

ライジングストームは、先日のハイジャパで初めてお披露目となりましたので、まだ実物を拝見できていません。

先行試張りが届き次第、張り心地からテストしたいと思います。

 

発売は9月ですので、相当先となります。

ご予約をお受けしようにも、まだ状況が不透明過ぎますので、しばしお待ちいただければと思います。

 

ソフトテニス向けに開発されたポリ、ということで、個人的にも楽しみにしています。

現状、ソフトテニス向けに開発・発売されているポリは、ポリアクションとポリアクションプロのみとなります(ポリアーメット単体では廃番のため)ので、

ゴーセンさんとしては、かなり久しぶりになるんじゃないかと思っています。

ジーツアーS(→硬式テニス向けポリからの派生)の、ハイブリッドでの使用はすっかり浸透しましたが、ライジングストームに採用された新配合のポリがソフトテニスとどのように噛み合っていくのかが注目ポイントになると思います。

 

早々に梅雨も明けてしまって、暑い日が続きますが、せっかくなので楽しんでいきたいですね。

 

ということで、姉妹ブログもチェックしてみて下さいね。
※完全にファーストインプレッションですので、一つの参考程度にお願いします。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)