SOFT TENNIS(ソフトテニス)

前衛=弾き、後衛=球持ち?

2022/02/09

スポンサーリンク



うーん、たしかにそのような傾向はあるかもしれませんが。

練習時間も短くなって、いまのうちに、いろいろとご相談。シリーズ?

 

先日、お客様からラケット買い替えと、その機種についてのご相談が。

 

「まわりを見てみると、前衛はFレーザー・ボルトレイジが多くって、後衛はジオブレイクが多い気がする。」
「やっぱり前衛=弾き、後衛=球持ちがいいの?」
と(F SPEEDとDIOS -Cと読み替えていただいても大丈夫です。ちょっとシリーズまたぎでややこしいのでヨネックスさんに統一しました。)。

 

なるほど、たしかに傾向(売れ行き)としては、そうかも?と思いました。
カスタムフィットのオーダー履歴なんかを見ていても、なんとなく傾向は見えてきます。
(何度も書きますが、前衛さんは、グリップの選択肢がとにかく幅広い!)

 

前衛さんはボレーの際に弾きが気持ちよく、スピードがしっかりと出るフレームを好む方が多いように思いますし、

逆に後衛さんは、ストローク時にご自身に力をしっかりとボールに伝えられるように、もしくは角度をつけやすいように、コントロールタイプのフレームを好む方が多いようにも思います。

 

ただ、これはあくまでも(全体数として売れているかどうかの)傾向であって、その方にとっての正解ではありません。

プレーヤーの数だけ答えがあります。

 

前衛さんであっても、タッチを重視される(ちょっと硬式テニスっぽい表現かも?)方はコントロールタイプのフレームをうまくお使いいただいていますし、

後衛さんの場合、ガツン!とハードにヒットされる方は、スピードボールを求めて、弾きのよいスピードタイプのフレームを選ばれています。
(もしくは、ハーフポジション~さらに前に出ることも1.2割あるんだよ、となると、プレースタイル的に少しでも弾きがよいものを、なんてお声もあったりします。)

さらに、そこにガット、ストリングの組み合わせ、5/7/8/9のランクがプラスされてきますので、まぁそんなに簡単な話ではありません。

この度のクレナイは、デザインでどちらも爆発的に売れています(カスタムフィットでの複数本買いが本当に多いのです!)し、テンションが上がるから!と選ばれている方もいらっしゃるでしょう。

 

ご相談いただいた方には、出来れば、あまり傾向に左右されず、ご自身に対してベターなものを選ばれると嬉しいな、とお伝えさせていただきました。

もちろん、いろいろな方に"プレーの中で何を大切にされていて、なぜそのフレームを使われているのか"の意見を聞かれて、参考にされるのは大切だと思っています。

販売店の立場でも、100人100通りの考え方があって、面白いなぁ、と日々学びをいただいています。

 

是非、"柔らか頭"でラケット選びをしてみて下さいね。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)