SOFT TENNIS(ソフトテニス)

懐かしい記事を見返しつつ、いろいろ試したなぁ、と。【ソフトテニスハイブリッド】

2018/12/22

スポンサーリンク



ソフトテニスハイブリッド、実はいろいろと試していたなぁと。

冬になると…新製品記事と、ガットが飛ばないなぁ、という趣旨の記事と、なんだか似通った感じになってしまいます。

学生さんがたくさん出場される大会もなくなるシーズンだし、冬はトレーニングを積んで、春に向けて力を蓄えるシーズンだと思っています。

だからまぁ、、、いいかな、と無理やり納得させていますが、どんなこと書いてたかな?と過去記事を見返すとなかなかに面白かったので、ちょっと記事にしてみます。

 

まず、ソフトテニスのハイブリッドをいろいろ試したのが、昨年の夏

ソフトテニスのハイブリッド遊びしてきました!

ちょうど試打会のために準備したのが始まりです。

ポリアーメット×テックパワーがよかった!とコメントしている通り、G-TOUR S×テックパワーが出回る前から、なるほど、テックパワーのポテンシャルはポリでもばちっと引きだせるんだな、と思っていたことを懐かしく思います。

G-TOUR Sはハイブリッドとしておすすめすることになるかと思います。

その流れで、G-TOUR Sは、剛戦X5Sを少しハードなイメージにしたクロス5300の組み合わせと、上記記載のクロステックパワーがまずまずフィットしているように思います。

ミクロパワーをクロスに持ってくると、一切目ずれしないんです、とGOSENのFさん。

ただ、コントロールするためにとてつもないパワーが必要になりそうだな、と容易に想像ができます。絶対硬い…。

 

で、その続き?といってはなんですが、

GOSENから、新たなハイブリッドのご提案。流行りそう。

硬式テニスで、こんなのがでますよ、と。

G-XX(ダブルエックス)シリーズは、G-TOUR 1/3をそれぞれメインとし、クロスにAK PRO CXというガットをもってきたハイブリッド。

AK PRO CXはナイロン+耐熱糸で、硬式のハイブリッドに一役買ってくれているストリングですが、ソフトテニスでもG-XX 3なんて面白いじゃないですか(こっそり)。

これももし使うとなるととてつもなくパワーが必要になってくるかと思いますが、スイングスピードが速く、インパクトの瞬間の力がしっかりとあればいけなくもなさそう。(おすすめはしません。)

公認メーカーなので、試合でも使えるはずではありますが、G-TOUR 3と中身が同じなのにG-TOUR Sを発売した経緯からもわかるように、グレーな部分もありそうなので、ご使用は自己責任となってしまいます。

また、硬い前提で使ってみてほしいなと思います。完全トップ選手仕様ですよね。

 

と、最後のG-XXは話程度に留めておいていただくとして(ほんとに)、ガットの組み合わせってある種無限。考えるだけで面白くなってきます。

 

ある目的を持って剛戦X5Sのメインとクロスを入れ替え。テスト中。【ハイブリッドの選択肢】

こんなことも試しましたが、5300に打ち応えと弾きがプラスされて、お客様の中には愛用者もいらっしゃるくらいです。(力がないと飛距離が落ちます。5300とX5Sのちょうど間のイメージです。)

 

と、こんなところ。

硬式テニスでも冬はポリをお休みされる方もいらっしゃるので、ハイブリッドは妄想を膨らませて、来春にチャレンジしてみていただくと面白いと思います。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)