BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TABLE TENNIS(卓球) TENNIS(硬式テニス)

シューズの買い替え需要が拡大中。ワイド注意報も鳴っている?

2022/04/23

スポンサーリンク



意外とワイドな方って少ないんですよね。

※サムネは過去のものを転用しています。

 

ここ最近、シューズの買い替え需要が拡大中です。

春だし!新学年だし!と新入生に負けず劣らず明るい表情のお客様が多く、嬉しいばかりです。

アシックステニスシューズの新作もそろそろ届きそう、と連絡がありましたので、ようやく、ずっとご迷惑をおかけしているシューズの冬が(一旦)明けそうです。

シューズの在庫が潤沢にあるわけではなく、一時的に落ち着くだけですので、待ってました!という方はこの機会をぜひご利用いただければと思います。

入荷情報は順次本ブログでも発信させていただきます。

 

さて、本ブログでも何度か書かせていただいているのですが、

「ワイドなシューズを探しているんです!」

という方が多くなっています。

 

実際、ウィズがワイドな方ももちろんいらっしゃるのですが、しっかりとウィズがある方って、実は2割とか3割程度だと思います。
(当店のお客様に限った話です。)

中高生に限っては、レギュラーウィズよりもスリム寄りの方がかなり多く、ワイドなシューズを履くと幅がかなり空いてしまう場合が多いです。

 

また、試し履きの際、とりあえずレギュラーウィズを履いてみて「あれ、なんだかきつい?」と感じる場合もあるようなのですが、フィッティングをさせていただきつつ状況をお聞きしていると、昨今のコロナ禍+シューズの欠品により、

普段よりもずっと長い期間、同じものを履かれており、型崩れを起こしてワイドになってしまった(元レギュラーウィズ)シューズと、新品のレギュラーウィズシューズを履き比べ「あれ、きつい?」と。

そんな風になるケースも見受けられるように思います。

 

同様に、そろそろサイズが大きくなっているだろう、と大きめのサイズをお探しの方も多いように思います。

 

足をじっくり見させていただいて(在庫がある限りにはなりますが)いろいろなタイプのシューズを履いていただいて、今一度シューズの基準作りをしっかりとしていただきたいと思っています。

 

自分ってワイド?レギュラー?スリム?

わからない方は計測をしつつお話をさせていただきますので、お気軽にご相談くださいね。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TABLE TENNIS(卓球), TENNIS(硬式テニス)