SOFT TENNIS(ソフトテニス)

たかが5mm、されど5mm。

2020/08/11

スポンサーリンク



680mm好きにはたまらないけど、685mmユーザーからすると?

なんて書こうか悩みながら、ジオブレイク80シリーズを試している最中。

80Vについてちょっと思ったことを書いてみます。

 

…というより、本モデルに限ったことではありませんが、10mmショートモデルって、やっぱり特別。

一口に前衛向け、とくくってしまっても、690mmモデル、685mmモデル、680mmモデル、と全長が様々ですよね。

ヨネックスの球持ち系のハイエンドと言えば…そう、680mm。

ネクシーガ90Vが発売された当初、試打をして以来…久しぶりに持ってみると、やっぱり短い。

SCUD PRO-Cの時も思ったのかな?と思いつつも、今回はそれよりもバランスが先軽の設計になっているので、特に思うのかもしれませんが、

操作性が最高!な反面、5mmのちょっとした違和感(特にストローク時)があるのもまた事実。

反発性が低いわけではないし、飛距離が出にくいわけでもありません(というより、前作から確実に飛びに関しては進化していますよね)が、先が軽くて短いから「振れてしまう」ので、

無理をしてしまうのがその違和感の正体なのかな?と考えていました。

 

例えば普段685mmを使っていると、ラケットの重みも使って振っているとして、5mm短くなることで遠心力はわずかに小さくなると思います。

そうすると、無意識にいつも以上に"あとちょっと"の力を入れてラケットを振ってしまって、体に負担がかかる。

ヘッドの出方がわずかに違うことでも、そのような微妙な違和感は生まれてくるのではないかな、と考えています。

 

普段70シリーズを使っていると、50シリーズはラケットのパワーすごい!ちょっと先重いな?って思って、90シリーズ(今回は80)は打ち応えすごい!操作性がすごい!短いな?となる。

試打といえど、結局どこに中心点を持ってくるかなので、そのような違和感であったり感想を抱くんだろうなぁと思いつつ、結局は思い切って持ち替えてしまうと慣れるであろう、とも思いつつ。

 

イイよ!悪いよ!と一言で言ってしまうのは簡単なので、メリットとデメリットを考え出すと、結局まとまらない。

当店の悪いところではありますが、笑

もうちょっといろいろと味わってみようと思います。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)