BADMINTON(バドミントン) SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

ラケットモデルのあるある【だから後悔しないように】

2019/01/07

スポンサーリンク



サムネはふざけがちですが、内容は結構真面目です。

これも最近多いのですが(ラケット買い替え需要が拡大する時期に多い)前のモデルに近いモデルを…ということ。

これがなかなかないんですよね。。。

 

 

新しいモデルが発売されてから廃番になるまでの流れあるあるって…

NEWモデル発売!!
A→これは、、、買うしかない!!
B→まだ前のモデルでいいよね、いろいろな感想が上がってきてから考えよう

発売してからしばらくたって(1年以内くらい)
A→これはこれで好きなんだけどそろそろまた新しいモデルでないかなぁ(あんまり一つのモデルにこだわらないタイプ)
B→新しいのにそろそろ買い替えないとだけど、試打してみてもいまいち打感すきじゃないなぁ…けど前のモデルはもう手に入らない…(ビタっとモデルがはまってしまうタイプ)

2~3年後
A→もう新しいのでるでしょ!(すごく待ち遠しくなってくる。もうそわそわしてる)
B→ようやくぴったりの組み合わせが見つかった!(廃番がそろりそろりと近づく)

NEWモデル発売に続く…

と、こんなルーティンなような気がします。

めっちゃ雑に2つに分けてしまいましたが。

 

感覚は人それぞれなので、どれが正解というのは全くないのですが、ご自身と相性が良すぎる製品が見つかってしまった場合、少なくとも、引退するまで(区切りまで)は十分いけるように複数本持っておくことをおすすめします。

廃番の時期ってメーカーによってまちまちで、売れ続けていたら全然廃番にならないことも多いのですが、すぱっとやめてしまうこともあります。

その通知って我々に対しても直前にしかこないことが多いので、結構長くあるよなこのモデル…というやつはそろそろか…?と勘を働かせていただければと思います。

 

ヨネックスのカスタムフィットの場合は(担当の方が忘れない限りは)最終日が告知されますのでそれも一つの参考にしてください。

 

…と、こんな感じ。

時代と共に用具も変わります(ひたすらに同じモデルだけだと我々も困りますし)、これは仕方のないことなのですが、区切りの途中で変わってしまって都合が悪い場合もやっぱりありますので。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン), SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)