SOFT TENNIS(ソフトテニス)

【ソフトテニス】単独ポリが増加中。まずはサブラケから。

2019/04/02

スポンサーリンク



暖かくなってきたのでそろそろテニスも本格化。

ここ最近、なぜか急にG-TOUR S、POLYACTIONの単独での張り上げが増えています。

G-TOUR Sはもともとは硬式のポリ、POLYACTIONは根強く売れているヨネックスポリです。

両者の違いとしては、G-TOUR Sの方が反発性があり、POLYACTIONは五角形の引っ掛かりがあり、ドライブ性能が高いという点でしょう。

ポリストリングは打球時の衝撃がナイロンと比べると大きいため、こちらからおすすめすることはありませんが、ひとまず剛戦X5SとかX7Vとか、DUODRIVEといったハイブリッドをお試しいただき、感覚が良ければ暖かい時期にまずはお試しいただければいいのかなと思います。

冬はボールも飛ばないしガットも硬くなるし体も硬くなるし、でいいことがありません。

普段からポリで慣れている方はいいのですが、初体験される場合は体が動く春~がおすすめです。

デメリットとしてもう一つあるのは、テンションキープ率がナイロンから比べて低いこと。

単純に緩みは早いと思っていただければと思います。
(ただ、ポリは緩んでからがいい感じなんだよ~という方も結構いらっしゃるので張替えの時に困ることはよくあります。)

 

ナイロンとどう違う?に関してはそれぞれ感覚が異なるのでなんとも言いにくい部分ではあるのですが、過去記事で

ある目的を持って剛戦X5Sのメインとクロスを入れ替え。テスト中。【ハイブリッドの選択肢】

X5Sの逆張りと5300の比較【ゆるく】【でも長文です】

メインにナイロン、メインにポリでそれぞれ試してみたことがあります。

打感、弾き感、飛距離、それぞれの表情ががらっと変わり、同じ組み合わせの中で大きく作用するガット(メイン(縦)に張り上げるガット)で

あぁ、ナイロンってこういうことだ、ポリってこういうことだ、

ということが体感的にわかりますので、こういうことを気軽に試せるといいよなぁ、なんて思いながら、1本持ちの方が多いソフトテニス業界に、まずは複数本ラケットを持つことのメリットをもっとお伝えしていかないとなぁとぼんやり思った次第です。

 

ということで暖かくなったからなのか、ポリストリングが多くなっています。

ナイロンから比べると・・・飛距離を出すためにはしっかり振り切ることが大切、という点と打球感が硬くなるということを知っていただいた上で試したい、という場合はサブラケがある方はまずはサブラケから、お試しいただければと思います。

今月もガット張りまくります!

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)