SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ネクシーガ80Sの新色は本日メーカーから当店に向け発送予定です。また余談の方が長いです。

2019/02/13

スポンサーリンク



新色がいよいよ店頭に展開されます。

カスタムフィットがとにかく人気のNexiga 80S。

【レビュー記事】Nexiga 80Sを当店的試打レビュー!【ネクシーガ80S】

カスタムに先駆け、既製品が本日メーカーより発送予定です。・・・となると、カスタムフィットは21日ごろ開始でしょうか。

当初の推定納期よりも完成が少し早くなりそうです。

既製品入荷数も確定しておりますので、今からご注文いただいておかれると入荷日に発送も可能ですし、お近くの方は14日から店頭にてお買い求めいただけます。

既製品のご予約はULよりもSLが人気です。

ちょっと珍しいですが、このレベルになってくると重めがお好きな方も多いですし、こだわりのスペックがある方も多いと思います。

※カスタムフィットが人気になるのも上位機種の特徴です。7シリーズより上に集中してきますね。50シリーズも実はちょっとずつ増えてます。

 

SLを使うのはどんな方かな?と考えてみると、

例えば・・・長年ソフトテニスをされている方。軽いと頼りないんだよ・・・という意見をいただくこともあります。
それこそULが全盛となってきたのもここ最近の話です。
30代より上になってくると世代的に重めを使われる方も多いかな?と思います。
※週末プレーヤーの方で、ULデビューされる方ももちろん多いですよ!
試打ラケットはULのことがほとんどですので、軽く使ってみられて球質や打ち心地、疲れにくさなどを確認いただくとよいかと思います。

世代的な話をすると、中学生とかはほとんどSLを使わないんじゃないかな?
高校生の男の子で、自分の力を6~7割程度+残りの3~4割をラケットの重さも存分に使って振っていくスタイルの場合はSLなんかがばちっとはまったりしますが、
逆にがんがん振っていきたい!という方は軽めのラケットが好きな方が多いです。

 

がんがん振っていくスタイルの方でも、ULで振れすぎてしまう場合はちょっと重くしてみるのも手ですが、重いフレームのデメリットとして、がんがん振っていく場合は疲れやすくなるという点が考えられますので、重さのバランスを考えるのって簡単なようで難しい。

重くなるとラケットの安定感は増しますので、押し負けにくくなりますし、振り切ることができるのであれば球質も向上すると思います。

結局用具は"使いよう"です。

極論・・・何がベストなのかは結局は使ってみないとわかりません。

ただ、どんな用具にもメリットもあればデメリットもあります。

我々はその両方をお伝えしていかないといけないと思っていますし、
不特定多数の方に向けた(とはいえ、ありがたいことにたくさんのお客様にチェックいただいているので、特定多数兼不特定多数??)
このような情報発信の場でもできる限り、デメリットもお伝えさせていただいているつもりです。
(主観、私見&当店のお客様からいただく情報をもとにしたメリット&デメリットです。)

全てが最強の用具があればめっちゃうれしいですが、一長一短があって、だからこそ、うわ!と思うくらいばちっとはまる出会いがあるから用具選びが奥深く、面白いのだと思います。

せっかくラケットを使うスポーツをされているのだから、用具も堪能いただければなぁという想いです。

 

余談が長くなってしまいましたが、今日はこのくらいで。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)