TABLE TENNIS(卓球)

人気シリーズがリニューアル。ウェーブカイザーブルク5が入荷しています。

2018/02/04

スポンサーリンク



人気のワイドシリーズ、ウェーブカイザーブルク5が登場です。

 

ウェブショップへはこちらからどうぞ。

入荷からライムラグありつつ、ツイートも行いました。

シューズについてちょっと解説と、少し気を付けてね、という部分を合わせてお知らせしますね。

まず、ウェーブカイザーブルクは、ミズノの卓球シューズの中でも、唯一ユニセックスでワイドを謳っているモデル。

ガバッとワイドで、足幅の広い方からは絶大な支持を得ています。

今作からは2色展開。

ミズノさんもさすがにこのシューズが人気だ、ということがわかったのでしょうか。

…というより、最近卓球シューズの種類増えすぎです。

今店頭見たら37種類ありました。(カラー込です。)

もっとあるのですが、全部を全部在庫できないので、時期をみて回転させつつ。

話を戻して…

クッション性能だとかシューズの横ブレ防止機能だとかは価格を見ていただければわかる通り、ハイエンドモデルには劣ります。

どちらかというと、アッパー部分の設計重視となります。ウィズが広いよ、という部分がこのシューズでは一番大切です。

注意点としては、"ユニセックスとして唯一ワイドを謳ってる"という部分にラインを引いたことがつながってきます。

ご自身の足がワイドだ、という認識を持っておられる方は依然として多いのですが、実際に測定をしてみるとワイドの方って実は少ないです。

ミズノのハイエンドモデルは、ややワイド寄りではありますが、ワイドラストではなく、あくまでもレギュラーラスト

それで大部分の方の足には合う(後は足幅ではなく足の形(指先の形やかかとの幅etc...)で合う合わないが出てきます。結構顕著じゃないかな、と個人的には思っています。)ということなのだと思います。

デザインが2色になって、しかもカラーリングはけっこうかっこいい。

学生さんは特に手に取りやすいようにできているのですが…

ウィズだけは、、、

できればチェックいただければ、と思います。

幸い当店は卓球シューズの品ぞろえはかなり豊富な方だと思いますので…。

それでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TABLE TENNIS(卓球)