TENNIS(硬式テニス)

VCORE PROははやくもカスタムフィットスペックも公開されました。

2018/02/05

スポンサーリンク



チョン・ヒョン選手も使用予定のVコアシリーズハイエンドモデル。


WEB SHOPリンクはこちらから。

※カスタムフィットは、ヨネックスがお客様ご指定のスペック(パターンオーダー)を別注作成するサービスとなります。

選手から支持の厚い競技向け。VCORE PROが2018年3月より展開されます。

既製品について書いたページは上記です。

ソフトテニスでは圧倒的人気のパターンオーダー、カスタムフィットシステム。

硬式テニスでもちらほら注文をお受けします。

数は圧倒的に少ないですが…。

 

硬式テニスのフレームは、店舗での後加工が行われることも多く、カスタムフィットシステムについて、既製品を後から加工する、という認識を持たれる方もいらっしゃいますが、一からメーカーが製造するシステムとなります。

選択できるスペックにはそこまで幅はありませんが、既製品よりもばらつきが少ない点が利点になるかと思います。

グリップサイズ、形状とバランスポイント、重量の指定となり、スイングウェイトは指定できません。

また、オウンネームサービスもあるのですが、VCORE PROシリーズは非対応とのことです。

なかなかないことなので、製造工程が違うのかな…?製造上の都合、と但し書きがありました。

 

また、ヨネックスの説明には、VCORE シリーズの最上位という文言があったため、"ハイエンドモデル"と記載しましたが、あまり気にしすぎず、プレースタイルにあわせて従来のVCORE SVにするか、VCORE PROにするか悩んでいただければよいのではないかな、と思います。

ちなみに、ヨネックスの説明は以下

ヨネックスは、アイソメトリック形状による広いスウィートエリアと、新次元カーボン素材「Namd(エヌアムド)※1」による強靭なしなりと復元力で、ヘビードライブ(強烈なスピンと速度で着弾し、バウンド後に弾む)を生むテニスラケットVCOREシリーズの最上位モデル『VCORE PRO(ブイコアプロ)』を2018年3月上旬より発売いたします。

現在の世界トップ選手のテニスは、ベースライン内側から速いテンポでウィナーを狙うスタイルへとますます変化しており、選手は相手の体勢を崩す強力なドライブ性能を求めています。そこでVCORE PROは、強靭なしなりと復元力の新次元カーボン素材「Namd」をシャフト部に搭載し、さらにエネルギーロスの少ないグロメット構造で、スピン性能4%UP※2、スピード2.7%UP※2、バウンド後のボールが弾む高さ10cmUP※2を実現。加速する重いスピンボールで相手を打ち崩し、ウィナーを奪います。グランドスラム3勝のスタン・ワウリンカ(スイス)や全豪オープン2018で男子シングルスベスト4のチョン・ヒョン(韓国)は、2018年3月のBNPパリバ・オープンより使用開始予定です。

※1 Namdは、ニッタ㈱が開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術です。
※2 弊社スウィングロボット測定データに基づく(弊社従来品比)

男性トッププロ選手からの支持が厚いのは、20mmフラットビームのVCORE PRO97。

※西岡選手はVCORE SV98を使用とのこと。

女性プロ選手はVCORE SVシリーズを使用していることが多いと思います。

コンセプトも違えばターゲットも違う。

文字は文字として。

硬式もじわじわ頑張ってます。

ではでは。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)