SOFT TENNIS(ソフトテニス)

JAPANはフルでYONEX!

2021/01/19

スポンサーリンク



あ、サムネは関係ありません。

(はやくハービスプラザでの展示会が復活してほしいと願っています。半年に一度の楽しみでした。)

 

ヨネックスさんが、今年2月~ソフトテニスの日本代表のオフィシャルサプライヤーとなりました。

ストリンギングサポートは、ゴーセン→ヨネックス→ゴーセン→・・・と来ていたので、次は順番的にも?と思っていましたが、ウェア関係はミズノ→ヨネックスへ、と大きな転換ですね。

ほぉ・・・と思いました。

 

契約アイテムを見ていると…

【契約アイテム/サービス】
・ユニフォーム(ゲームシャツ・パンツ)
・プラクティスウェア(ウォームアップ上下、シャツ・パンツ・トレーナー・キャップまたはバイザー・リストバンド)
・ソックス
・アクセサリー
・ラケットバッグ・ランニングシューズ(※主要国際大会の日本代表チームのみ)
・ストリンギングサービス

となっていました。

 

正直に文面を読むのであれば、ラケット、ストリング、シューズは契約には入らない、という認識で良いのでしょうか。

ストリンギングサービス、にストリングの提供は入るのかな?ちょっとそのあたりはわかりませんが、ラケット、ストリング、シューズがもし全て契約外だとしたら…

選手が公認メーカー全てからしっかりと選ぶことができるので、これは良い流れですよね?と個人的には思います。
(今までシューズも契約だったように思うのです。ミズノさんのタペストリーには、ユニフォーム、シューズ、バッグのオフィシャルサプライヤーという文言があります。)

 

もちろん、メンバーの中にはプロ選手もいますので、ラケット、シューズ、ストリングが契約、となっている場合もあるかと思います。

 

硬式テニスのプロ選手は、ラケット、シューズ、ウェア、ストリング、(グリップも?)と契約がそれぞればらばらなことが多いと思います。

本来、それぞれ別に考えていただくのが良いかと思いますので、ソフトテニスだと、例えば・・・

ラケット:ヨネックス
シューズ:アシックス
ガット:ゴーセン
グリップ:ミズノ

なんて形があってもいいわけですよね。

 

用具は自由だ!ということを、代表クラスの選手が色々な用具を使用することでメッセージとして小中学生に伝わっていくと良いなぁ?と。

そんなことを思うわけです。

どうなるのかは、来月以降にならないとわかりませんが、足先からラケットの先まで、要チェック!です。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)