SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

流れでついでにテニスシューズも。【MIZUNO TENNIS SHOES】

2019/06/26

スポンサーリンク



テニスシューズも色々とでます。アシックスと同じ月ですね。

昨日の卓球シューズに引き続き、テニスシューズも色々と変わります。

ウレタン系の樹脂でアッパーを囲われているツアー系モデルのエクシードツアーは色変更ですが、エクシードはver.2から3に変更。

めちゃくちゃ大きな変更はないかと思います。

メーカー公表重量が、2Eモデルで、前作が295gなのに対し、今作が300g。

5gだけ重くなっています。

軽量モデルの利点は、もちろん軽いことですが、それだけ必要な箇所が削られているわけですので、安定性に欠けたり、ストップする際に自身の筋力が必要になったり、とデメリットもあるでしょう。

ですので、本当はエクシードツアーのように、ある程度がっしりしているシューズの方が良いかとは思うのですが、スタイルによって、スタートアンドストップを繰り返す必要があるのであれば、軽い方がスタート時は切りやすいでしょう。

良し悪しをご理解いただき、できれば両方ともお使いいただいた上で、プレーにどちらがあっているのかを体に問うていただければと思います。

 

例えば、こちら。

硬いイメージのあるシューズですが、履いているうちにアッパーある程度馴染んできます。

履けば履くほど柔らかくなるイメージです。

耐久性を重視したシューズほど、どうしても重くはなりますが、履いてみると意外とハマることって、あると思います。

 

5年前と今で、シューズもどんどん進化していっています。

 

軽量モデル?安定重視の耐久モデル?フラッグシップモデル??

 

・・・選択肢はたくさん出てきています。

 

ぜひ柔軟に考えていただき、ぴったりのシューズを見つけていただきたいものです。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)