SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

ハイブリッドの組み合わせは様々…多岐にわたりますね。

2018/12/16

スポンサーリンク



冬のガットのご相談に。

冬の張り替えに、硬式テニスですが、フルでポリはさすがに飛ばないから、とハイブリッドのご相談に。

おおよそ、メーカーがパッケージングして発売しているものは、

ポリ×ナイロンマルチ

となります。

この度はそれ以外も考慮して、という形でした。(うまくいけばよいのですが。)

 

ガット構造的な分類としてハイブリッドの組み合わせって結構多くって、

メインポリ×クロスポリ(男性で一部使用されています。例えばポリツアースピン×ポリツアープロ)
メインポリ×クロスナイロンモノ(またはその逆)→結構少ない?
メインポリ×クロスナイロンマルチ(またはその逆)→ここが一番オーソドックス

がおおよそのそれとなります。あとはナチュラルが入ってきて、ナチュラル×ポリの組み合わせやナチュラル×ナイロンの組み合わせもあることにはありますね。
X-ONEにナチュラルを組み合わせて、というご依頼も過去にありました。

 

ポリの打感をメインに残しつつ、柔らかさと飛びを上げるのであれば、メインポリ×クロスナイロンとなることが多く、逆にポリでナイロンの飛びを抑える場合はメインナイロン×クロスポリとなります。

選手間では、ナイロンよりもパワーのあるナチュラルをメインに入れたり、クロスに入れたり、とナチュラルハイブリッドが流行っていますが、一般ではなかなか浸透していません。価格面と、とりあえず試してみて失敗したときのダメージが・・・ということなのでしょう。

 

じゃあどこから試すのか?となるとひとつのパッケージになっているものがお手軽。

ポリ×ナイロンマルチが多くなってきますので、必然的にそれが一番オーソドックス、という流れになっています。
(例えばwilson×LUXILONのDUOシリーズやBabolaTのプロハリケーンツアー×Xcelなど。)

 

ポリ×ポリはそもそも絶対数が少ないであろうから置いておいたとして、ポリ×ナイロンモノの組み合わせはなかなかパッケージングされていないのでお試ししにくいのですが、

GOSENから、新たなハイブリッドのご提案。流行りそう。

以前記事にしたG-XXシリーズは面白い提案となりそうです。

もちろんポリ×ナイロンマルチよりも耐久性がアップし、ポリ×ポリよりは柔らかいという真ん中の位置づけ。
(ガットによると思いますが。)

そもそもナイロンモノ(とそれに類する形状)でいろんな種類を発売しているのはGOSENさんくらい。

G-TOUR 3とG-TOUR 1の間くらいがあったらな、なんて声もたまにお聞きしたりしますので、G-XX 1は結構いいところつきそうだよなぁ、なんて思っています。

AK PRO CXに黒色が出るのもなかなかにファインプレーで、黒のポリストリングって各メーカー結構多いんです。

縦横で色を同じにできると、ザ・ハイブリッド!!とならずにしれっとお試しいただけると思います。

 

ちなみに、ソフトテニスでも、スラッシュ×シャープのようなナイロンハイブリッドを試される方は多いですし、G-TOUR Sが発売されてから、ポリをメインに入れたハイブリッドニーズはずっとあったりします。

普段使っているガットの打感が好きで、そこからちょっと飛びを抑えたり打ち応えを上げたりしたい場合はクロスにG-TOUR Sを持ってきてもらっても面白いと思います。

、、、なかなかこれからの時期にお試しいただくのも怖いですが。

 

と、組み合わせが多すぎるため、その方にとっての正解を探すのはとても難しいですが、ぜひいろいろとお試しいただければもっとテニスを楽しめるかもしれません。

まずはパッケージングされているものからお試しいただくといいですよね。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)