SOFT TENNIS(ソフトテニス)

D FORCE TOUR

2022/06/25

スポンサーリンク



ラッシュですね。

D FORCEの試打が届きました。

今月は試打ラケットがたくさん届きます。

中学総体のユニフォームや備品の納品がようやくひと段落つきましたので、発売までにまとめて試打したいと思っています。

試打したいラケットが10本ちょっと溜まってしまっていまして、分けないといけないかもしれませんが。
(後はテストしたいストリングもあります。)

本当、、、打つ打つ詐欺になっており、申し訳ありません…が、月曜日に試打予定です。

今作は、とにかくグロメット。

こちらのグロメット構造がどの程度打感や球質に影響を及ぼすのか。

非常に楽しみです。

こればっかりは使ってみないとわかりません。

 

細かい話にはなりますが、SとVでグロメットの打球面方向の幅が違い、Sは狭め、Vは広めになっています。
(撓みを作るのか、少し弾き感に寄せるのか。)

楕円グロメットは、フレームの12-6時・3-9時、全て配置されているため、前作とは別物になると思います。

6時のグロメットを外してみると、こちらもSとVで設計が異なります。

Sは少し山なりになって(画像でいうと下側です)おり、ストリング長が少し長めに取られています。

グロメットでの打球面方向の撓みは抑えられていますが、その分、ストリングの有効長を長めは長めに取られているようなイメージですね。

 

フェイス形状は、セミオーバルではあるのですが、Sはややティアドロップっぽく見えます。
(ホントに、"やや"、です。)

ちなみに、Vはよりオーバル味が強いです。

それぞれ、SCUD -C・DIOS -Cの良さが踏襲されつつ、部分的にアップデートされています。

 

じゃあ絶対新作が良いのか、となると、このグロメット構造は初めてなので、ジオブレイクのスタートのときみたく、好みが分かれるのかなぁ?と予想しています。

 

どんどん変化、進化していくのは…イイと思います。

試打レビューもお待ちくださいね。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)