SOFT TENNIS(ソフトテニス)

230gノーマルバランスって個人的にはアツいと思っています。

2019/08/20

スポンサーリンク



今までなかったところがしれっと追加されています。要チェックです。

ジオブレイクのレビュー、しれっと投稿していますが、お読みいただいていますか?

ジオブレイク、カスタムフィットの重量指定について、ちょっと書いておこうと思います。

S、V、VS共に連日ご注文をいただいておりますが、『いつものスペックで』という方が多いように思います。
(ありがたいことに、たくさんの方に長年ご愛顧いただいており、『いつものスペック』という表現ができています。)

・・・結果として、UL~SLを行ったり来たり・・・235~250gが中心になってオーダーをいただいているような印象です。
(235gは、今までの規格で考えると・・・ULの平均値から3g軽く、245gはULの上限値ですので、結構絶妙。この両者はそもそも人気があります。)

 

あ、ウェブショップへはこちらから。

 

で、個人的に、ここ、見逃されがち、という部分が上記画像で赤枠で囲った部分。

230g ノーマルバランス

です。

今までは230gを作ろうと思うと、ヘッドヘビーバランスにするしかありませんでした。

UL:231~245gだったため、230gは、UXLの重量規格になっていたからだと思います。

 

ただ、ジオブレイクからは3g平均値が軽い方に振られたので

UL:228~242g

ということになるでしょう。

ということで230gはUL規格に収まるわけですね。

 

特に・・・女子(もっというと中学生の1~2年生)プレーヤーにおいては、カスタムフィットをオーダーするときに235gか240gか、今まで結構悩ましい部分でした。

5gで意外と世界は変わります。(あくまでも意外と。)
人によってはがらっと世界が変わります。

軽い=ラケットのパワーは不足しがち

ですが、ラケットを振れないと元も子もないので、UXLは軽すぎるけど、もうちょっと重さが欲しい・・・というちょっとわがままなオーダーがジオブレイクからは可能になっています。

230~240gの選択・・・

細かい点ではあるのですが、しっかりと振り切れる重さを持つことは大切だったりすると思います。

ジオブレイクは軽く飛ぶという魅力がありますので、うまくハマってくれればいいな、と。

ラケットを選ぶときはぜひいろんな観点から考えてみてください。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)