SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ここにきて"G"の秋到来?【GEOBREAK 80G】

2020/10/28

スポンサーリンク



カスタムフィットオーダーが多くなっています。

順次入荷しています。勢いはまだまだすごそうです。

発売以来、ずっと売れ行き好調なジオブレイク80シリーズ。

発売当初はSに人気が特に集中していましたが、ここにきて、80Gのカスタムフィットオーダーが好調です。

もともとGタイプを使われていた方からの「そろそろ80Gも作っておこうかな」というオーダーを始め、

Gタイプ初めまして、というオーダーもちらほらとあります。

 

スペック的にも絶妙なところを突いてきていて、

前作・・・70Gは700mmでバランスが295mm、面のサイズは90平方インチ。

90Gは690mmでバランスが295mm、面のサイズは85平方インチ。

今作、80Gは、というと・・・695mmでバランスが290mm、面のサイズは85平方インチ。

ちょうど80の名前がぴったりなスペックをしています。(70と90の真ん中的スペック)

もちろん設計自体がネクシーガ→ジオブレイクへと見直され、Gといってもまた違う表情を見せてくれていますが、ざっくりとお伝えすると、80Gは70Gよりも面が安定していて、90Gほど硬くない、というイメージ。

バランスポイントがヘッドライト側に寄っていますので、ヘッドヘビーのオーダーが多いですが、2本シャフトからGタイプを試そうかな?という方は、ノーマルバランスにしていただくと、形状の違いをダイレクトに感じていただけるため、ノーマルバランスでのオーダーも結構多いです。

 

そして、少し話は逸れますが、当店社長は、ネクシーガ70Vからいよいよジオブレイク80Vに持ち替えをしました。

ネクシーガ70V→ジオブレイク70Vにしなかった理由としては、ジャイロバーストシステムで、面内でボールがちょっと遊ぶ感覚があったから。

これも慣れの問題ですが、80Vは、フレーム自体も70Vよりもしっかりとしており、かつ、ガットの本数も16×17と横糸が1本多め。

ジャイロバーストシステムが顔を出しすぎておらず、また、今までにない先の軽さが決め手となりました。

やはり、80Vも良い仕上がりだと思います。

ちなみに、こちらは、ヘッドライトオーダーが多いです。

 

ということで、80Sの一強から、GとVもぐぐぐっときています、という話。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)