SOFT TENNIS(ソフトテニス)

D FORCE 10

2022/06/26

スポンサーリンク



発売は相当先です…

TOURと同じ日に、10の試打も入荷しています。

こちらもグロメットは楕円になっていて、TOURと同様の設計です。

ちなみに、メイントップは8本、メインボトムは6本・クロスは13本が楕円グロメットです。

 

フェイス形状はこんな感じ。

写真上がV、下がSになります。

TOURと同じセミオーバル形状となりますが、Sはフェイス面積が85→90となるため、TOURよりももう少しオーバル味を強く感じます。

 

前作と見比べてみたのですが、フェイス形状は同じ雰囲気ですね。

デザイン性で微妙に形が違って見えましたが、大幅な変更はなさそうです。

 

で、シリーズを通しての話を少しさせていただきたいのですが、D FORCEのSタイプは、280mm(U)のバランスポイント設計となります。

今までは275mmでしたので、5mmトップヘビーになります。

それでも、よくあるソフトテニスの後衛向けのバランスポイントである290mmからすると、先軽設計となります。

先が軽いことのメリット・デメリットはあるのですが、設計を見ていくと、やや一撃の威力を求めた設計にシフトしたのかな、と思いました。

 

先が回ってこないからできる、"自分自身での方向決定能力の高さ"や、"自分自身でガンガン振る"がDIOS -Sの良さでしたが、そこにグロメットと5mmのトップヘビーがちょっと辛口の味付けを加えた。

そんなイメージになるのではないかと。

 

また、グロメットが変更になったことで、ガット・ストリングの仕事量が増えそうなのは、SもVもどちらも楽しみです。

より糸ごとの特徴が出てくるのであれば、選びがいがあるってもんです。

 

で、発売時期なのですが、TOURは7月(中旬以降)、10は8月(こちらも中旬以降)となります。

10は約2か月後。

相当先ですが…試打は一緒にしたいと思っています。

 

一応、今出揃っている新作はこんなところではないでしょうか。

 

一緒にワクワクしましょう!

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)