SOFT TENNIS(ソフトテニス)

気温が下がってボールが飛ばなくなってきたな、と思ったらガットの種類まで含めて張替え検討を。

2018/11/07

スポンサーリンク



太ゲージが飛びにくいと感じたら、そろそろ張替え時。

冬のテックガット5300の代用にMSフォースはどうかな、と考え中。。

一旦気温が上がる、なんてニュースもありますが、いよいよ冬支度が必要になってくるシーズンです。

昨年、上記記事を書かせていただいたのですが、1.30mm以上のやや太目~太目ゲージのガットを日頃愛用されている方に、冬のご提案として。

 

例えばゴーセンのテックガットシリーズ。

テックパワーとハイパーは1.25mmで高反発なのですが、それ以外はほとんどが1.30mmオーバーです。

どれも完成度が高く、よいストリングばかりですが、冬のシーズン、どうしてもボールが飛びにくい…なんていうお悩みを毎年ちらほらといただきます。

ヨネックスでいうと、Sトレース。1.35mmのマルチですね。(ヨネックスは割と細いゲージが多いです。)

 

そのようなとき、まずはテンションを下げて対応をさせていただくことがほとんどなのですが、それでも飛ばないなぁ…という場合ももちろんございます。

そのようなときに、1.25mm付近の、今現在主流になってきつつあるゲージに変更いただくのも一つの手になるかと思います。

 

もちろん、ミクロパワーを筆頭に、スラッシュ、(あとはやや硬めでシャープ)etc...硬くて飛ばない…というストリングもありますので、太ゲージがつらいなぁ、という場合はまずは細ゲージのマルチから試していただくのがベストかと思っています。(硬いと反発はありますが、飛ばすためには相応にパワーが必要です。)

 

ゴーセンだとテックパワー、ヨネックスだとブラスト、あとはクロス、クロスアイあたり。

夏に比べると練習量が減ることがほとんどかと思いますので、必然的に耐久性もあがるものと思われます。(打つ本数が減るから切れにくい、という意味合いで。)

 

昨年MSフォースを取り上げたのは、反発の強いモノフィラメントでありつつ、芯糸が細く、柔らかさも兼ね備えているから。

同じことはモノスピードにも言えると思います。(反発の強さだけでいうとミクロパワーとかシャープには負けます。)

 

どうしても冬って耐え忍ぶシーズンなので、いつもと同じがどうもしんどい場合は思い切った決断をすることもひとつ。

 

スポーツ的には暖冬だったらいいなぁと思っていますがどうなることやら。

…ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)