SOFT TENNIS(ソフトテニス)

入門には、やはり重さも重要です。【ソフトテニスラケット1本目】

2019/05/08

スポンサーリンク



中学でソフトテニスデビュー!な方、例年よりも非常に多くの方にご来店をいただきました。

ネクシーガ10…やはり今年も当店は在庫外です。【超軽量ラケット】

ソフトテニスデビュー。

ラケットは?ということで、当店ではマッスルパワー200XF1機種ですが、店頭で在庫販売をさせていただきました。

(学校で一括購入はあまりしたくない、ということで、チラシのみお渡しをさせていただいておりました。)

例年くらいの本数でいいかな?との見込みで在庫をさせていただいていたのですが、早々に品切れをしてしまい、大変ご迷惑をおかけいたしました。

10連休は伊達ではなかったです。。。そして、来年はまた本数を考えないといけません。

店頭在庫がなくご注文いただきました方も数名いらっしゃいましたので、入荷次第、グリップとエッジガードをしっかりと仕上げてお渡しいたします。

※まだ買ってないよ!という方はぜひお越しください。

 

今はネットで簡単にラケットを検索できるので、○○のモデルって初心者でも使えますか?とか、○○のモデルが欲しい!といってお越しになられた方もいらっしゃいました。

中学1年生でソフトテニスを始める場合、ラケットは軽すぎても重すぎてもNGだと思っています。

 

当店的な考え方では、本当はUXLの重量規格(223g平均)から始めてもらいたいのですが、メーカーが販売している入門向けはXFL(208g平均)です。

ちょっと軽いんですよね。(→軽すぎると2本目からの移行が難しいです。)

ただ、XFLがボーダーラインだと思っていて、それよりも軽いのは軽すぎると思います。

軽い(軽すぎる)フレームでボールを飛ばそうとすると、極端なヘッドヘビーに設計する必要があり、すごくいびつな設計となります。
(当店がヨネックスのマッスルパワーを選んでいるのも、バランスが極端ではないから(平均290mm)です。)

2本目からラケットを持ち替える際にバランスが変わりすぎるだけでなく、一気に重量が上がってしまうので、プレーに不具合が生じやすいであろうと思います。
(すぐに慣れればいいのですが、超軽量&超トップヘビーで基礎を学ぶと次との差がかなり大きくなってしまいます。)

逆に重すぎるのも怖くて・・・UL規格ももう少し待ってもらって、しっかりと筋肉がついてきたら重く移行していく、でいいと思っています。

 

年々、一本目のラケットの大切さを考えさせられつつ、現状はマッスルパワーがとりあえずの答えなのかな?と思っています。

メーカーにはもう少し重いモデルを出してほしいと伝えていますが、たぶん当店のような考え方は少ないようで、年々ラケットは軽い方向に移行していっています。

 

来年はどうなるのかな?

来春を見据え、しっかりと仕入れを考えていこうと思います。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)