TENNIS(硬式テニス)

硬式テニスラケットも買い替え需要拡大中。

2019/07/23

スポンサーリンク



硬式テニスラケットも。新製品がたくさん出るので買い替え需要拡大中。

社会人の方を中心に、ラケット買い替え需要を拡大中です。

新製品とか限定カラーとか色々と出ていますし、これからもリリース情報が続々と。

仕入れる側はなかなかつらいところではありますが、各社自信の新製品を仕入れないわけにはいきませんので、頑張ってまいります。

 

試打をしてから決めよう、と試打ラケットを複数本打ち比べられる方がいらっしゃったり、デザインで一目ぼれして、よし、これにしよう、と決められたり。

 

趣味で楽しむテニス、使いやすさ、デザイン、何を目的にしていただいてもよいのではないでしょうか。

もちろん大会にがんがん出ていかれる方は勝つために、どんなフレームにどんなガットを合わせていければいいのか、じっくりとお考えいただきたいと思います。

 

逆に、学生さんにおいては・・・

できれば同じフレームを最低二本持ちしていただきたいところ。

大会前日に「ガットが切れたから急いで張ってほしい」と持ってこられる方は年々増加しているように思います。
(受けれる限りは受けますが、手も限られていますので、対応できない場合ももちろんありますよ。)

複数本持たれていてもそのようなことになることもあるので、やはり最低二本、です。

 

親御さんからすると、そんなに本数いるの?と疑問を持たれる場合も多いのですが、何百何千とボールを打つわけですから、ガットもフレームももちろん消耗します。

早い方ですと1週間もたたずにガットが切れてしまいますので、よくよくお話をしていただき、ご理解をいただきたいところです。

 

中には、なんでその2本を買ったの?という、まったく毛色の違うフレームを複数本持ちされている方もちらほら見かけます。
(おそらく特価品を揃えたのかな?と思ったりもしますが、重さもバランスも結構違うとどうしようもない。。。あとは並行品もありますね。)

同じように使いたいんですが、、、?と相談されますが、ガットではどうにもできないこともあります。

学生さんはデザイン買いよりも、どんなタイプのフレームがプレーに合いそうかな、と考えていただきながらお選びいただければうれしいな、と思います。

 

フレームに詳しくなってくると、この二本、全然違うんだけどこういう場面ではこっち、こういう場面ではこっちを使いたいから、それに合わせてガットを組み合わせようかな、というご相談もあります。
(社会人の方で、趣味として楽しんでおられる方ですね。)

あーだこーだ言いながら組み合わせを一緒に相談させていただくのは、楽しかったりします。最終的にはプレーヤーの感覚になりますので、一発で合わせられないこともあるとは思いますが、末永くお付き合いをいただければ幸いです。

 

・・・ということで硬式テニスラケットも、是非是非ご利用ください。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)