SOFT TENNIS(ソフトテニス)

こういう糸が増えていけばいいですね。

2022/10/29

スポンサーリンク



試打すらできていない状況ではありますが。

お客様とテックフィールについての話になりました。

新作テック。テックフィールが来月末ごろ発売予定です。

普通ぽいけど、"普通に良さそう"だよね、と。

 

構造としては、先日書いたように、モノマルチ。

マルチフィラメントの芯に、モノフィラメントが採用されています。

全てナイロンでできた、モノ芯×マルチフィラメントとなります。

 

モノマルチという表現をメーカーさんがしているのは、トアルソンさんのコアセブンくらいで、ゴーセンさんとしては、定義付けとして"モノマルチ"という表現はあまりしません。

そのため、テック=マルチ系、とご理解いただくのが良いかと思います。

 

で、タイトルに書かせていただいた、こういう糸が増えていけばいいですね、ということについてなのですが、現状、良い意味で、特徴の少ないガット/ストリングが少ないな、と思っています。

 

ソフトテニスの糸って、一つ一つ、特徴がしっかりとあります。

それはそれで良いことですが、味付けの少ない製品があると、癖のなさが良さになることもあると思っています。
(例えば、ラケットの特徴を見る上で、とりあえず張ってみよう、的な位置付けであったり。)

 

ゴーセンさんでいうと、味付けの少ないモノフィラメントはMSフォースになりますが、マルチ系は、太目の5200・5300、しっかり弾くテックパワー、特徴しっかりとガムブースト、となかなか味付けが少な目のものがありませんでした。
(ちゃんとそれぞれに特徴がしっかりとある!)

試打すらできていない状態ではあるのですが、今回のテックフィールは(ガツンと発表したライジングストームと対比して)地味ながらも、特徴控えめで、ラインナップの中では必要不可欠なものになるのではないか、と期待しています。
(試打をして印象が変わることもあると思います。)

 

後は、1.25mmより太くて1.30mmより細い、1.27~1.28mmのマルチがあればばっちりです、と個人的な感想を。

 

ライジングストームは、日々人気が上がっているような、そんな印象を持っているのですが、ナイロンガットも忘れないでくださいね。

冬こそマルチ!

 

マルチ派なあなたにお試しいただければ幸いです。

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)