SOFT TENNIS(ソフトテニス)

新作テック。テックフィールが来月末ごろ発売予定です。

2022/10/21

スポンサーリンク



プロが認める「爽快な飛び」×「ボールを操る感触」

ゴーセンさんから、新作ガットのご紹介です。

ちょうど試張りもいただいたのですが、1.25mmの新作マルチとなります。
名前はテックフィール。

構造はフルマルチではなく、芯糸の極細モノ×マルチ×パリッとしたコーティング、というつくりになっています。

 

芯糸に採用されているハイエラスティックファイバーは、反発性だけではなく、柔軟性も兼ね備えたナイロンとのこと。

その芯糸を弾力性のあるマルチ層で包むことで(芯糸からくる)反発力と(マルチ層による)ホールド感を両立。

さらに、コーティングには衝撃吸収に優れる独自の低摩擦コーティングが採用されており、構造から素材から、なんだか新しい気がしています。

 

テックガット5200やテックガットスーパー(廃番)は、ポリを芯に使っていましたが、今回はフルナイロンのモノマルチです。

体の負担は少なそうで、これからの季節にはぴったりですね。

 

トッププレーヤーによるインプレッションコメントを総合するに・・・
テックパワーよりも衝撃吸収に優れ、体への負担が少なく、ボールが楽に飛んでいく印象とのこと。

先入観では…フルマルチよりもモノ芯がある方が衝撃が大きそうに思いますが、素材の配合であったり、コーティングの質であったり、でうまく調整がなされているんだろうなぁ、と予想しています。

 

また試打をしたいと思っていますが、色々と立て込んでおり、早くても来月末ごろになりそう。

ライジングストームと共に、感触を見てみたいと思っています。

フルマルチであるテックパワーよりもソフト感が強いという部分がかなり気になっています。

 

マルチフィラメントは、ミズノ・ヨネックス・ゴーセン、とそれぞれ特徴が本当に違うのですが、ゴーセンさんの場合は、パリッと硬い印象があります。

5200とか5300は今の時代ですと極太の部類に入りますが、同一程度の太さで他社と比較する(もちろんマルチ同士で。)と、反発力がしっかりとあるのが良い点だと思います。

逆に、ヨネックスさんやミズノさんのマルチをお好きな方からすると、硬いなぁ…となるかもしれません。

 

そんなゴーセンさんから、柔らかさが特徴のマルチが出る、とあって、その"ソフト感"がいかほどか…

非常に楽しみにしています。

 

うまくスキマに埋まるようなガットだったらいいですよね。

立ち位置的には、テックハイパーの後継・・・?

 

発注はすでに完了していますので、マルチ党の方は是非一度お試しください。

 

では。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)