SOFT TENNIS(ソフトテニス)

シューズの裏も定期的にチェックをお願いしますね。【用具メンテナンス】

2019/10/10

スポンサーリンク



練習中にずるっといかないように。

・・・ラケットやガット、ここ最近はグリップ?の注目度に対して、どうしてもシューズってデザイン先行で話がされがちです。
(ラケットやガット、グリップは使用感がとても大切にされているのに、大切なはずのシューズってなぜかデザインがかっこいい!かっこ悪い・・・という話で終わりがち。)

加えて、定期的に必ず買い替えをされる方が割と少ないように思います。

 

だって、履けるもん

 

・・・その通りです。大枠でとらえると、履けるもん。ね。

 

ここ最近は、このシューズってどんなの?とか、どういう風に選んでいけば?という話も店頭で増えてきたように思うのですが、悲しいかな、一番練習が多い学生さんが、

サイズが小さくなったから買い替える

という動機以外で買い替えることがかなり少ないのです。

男の子になると、アッパー部分が破れてくるので、買い替えよう、という動機もありますが、女の子は結構頑張って履いてしまっています。

 

ということで、シューズの劣化具合をチェック!(めちゃくちゃ基本的な内容ですが、お付き合いください。)

我々はよく、シューズの命はかかと、とお話させていただきます。

かかとがつぶれていないか、かかとの型が崩れてきていないか。

ホールドされるべき箇所がぐらぐらしていると、故障にもつながります。

かかとを潰して履くのはもってのほか、ですが、結構つぶれてしまっている方が多いので、次のシューズからは必ず靴紐をほどいて、かかとを大切に脱ぎ履きしていただきたい・・・

 

後は、アウトソールをじっくり見てみる。

綺麗な状態ですと、オムニクレー用モデルでは、上記のように細かなぽつぽつがあるかと思います。

そしてその深さも。

 

使用を繰り返すことで、よく力が入る部分であったり、擦っている部分が摩耗してきます。

最近よくシューズが滑るんだよ→そのまま買い替えのサインです。

 

スポーツの秋らしくなってきた今日この頃。

 

せっかくなので、用具もしっかりとチェックしてみて下さい。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)