TENNIS(硬式テニス)

ポリツアーレブ。また楽しみなガットが発売されます。

2020/11/08

スポンサーリンク



八角形ポリ…ベンチマークは?

ヨネックスから、ポリツアーレブが新発売となります。

今月末ごろの入荷予定で、

サンプルは届いているのですが、まだ張れてすらいません。

120と125があるので、張り比べて、打ち比べが出来ればなぁ。

複数張りあるので、試打ラケットにも張ってみようと思っています。

 

で、ちょうどお店に来てくれていたヨネックスの方に話を聞くと、ポリツアースピンよりもスナップバックが強化され、スピンGほど硬くない、と。

パッケージに表記されている硬さ指標は、スピンGは一番硬いところですが、レブは一つ手前です。

ですので、表現的には合っているのだろうと思います。

シリコンコーティングを内部まで浸透させる加工を施しているため、スピンG同様、よく滑るストリングになると思います。
(メーカー説明としては、表面塗布ではなく、内部まで浸透なので、スナップバック効果が長続きする、と。)

八角形ということですので、ベンチマークはRPM Blastあたりでしょうか。

後は…柔らかめの多角形ですと、六角形のG-SPIN 3や、五角形のブラックコード、ハイパーGソフトも仲間入りですね。

まずはそのあたりのユーザーさんに張ってみていただければと思います。

結局、メーカーさんの説明で優れている、と書いていても、特にポリは製造元で大きく感覚が変わります。

ですので、最終はマイラケに張って判断、となってしまいます。

 

で、色見です。

何でオレンジを採用したのか。

これから発売されるラケットの色見のヒントになるのかもしれません。

HEADのティーザーラケット(もう海外で出てしまっているので、隠す意味も全くありませんが、アレが出ますね。)にもオレンジのリンクスツアーが採用されていましたし、2021年はオレンジ推し??

そろそろ出てきそうなんですよね。。。

ちなみに、リンクスツアーも硬すぎない多角形の良いガットだと思います。

 

冬は硬式テニスがガンガン動きそうだなぁ、と思っています。

冬にポリを出してもなぁ?という思いはめちゃあるのですが、春にガマンしていたしわ寄せが年末に来ている感じです。。。

ちゃんと在庫しますので、是非お試し下さい。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)