TENNIS(硬式テニス)

ナイロンモノって"普通"なの?と素朴なご質問をいただきました。

2021/05/29

スポンサーリンク



いやいや…シンプルかつ至高!くらいにしておきましょか、笑

硬式テニスの社会人のお客様。

ナイロンモノもナイロンマルチもポリも一通り試したけど、最終的にナイロンモノが良かったから、構造を絞って色々と試してみようかな?と。

ところで、ナイロンモノって、構造がシンプルで種類も少ないけど、普通・平凡なの?と、素朴なご質問をいただきました。
(他意はなく、話の流れでの本当に素朴なご質問です。悪いように取らないでくださいね。)

 

確かに、ナイロンマルチって各メーカーから必ず(と書くと語弊はあるかもしれませんが)数種類は発売されており、コーティングやら構造やら太さやらetc...

非常に複雑だなぁ、と思います。
いろんなニーズに応えてくれそうな選び応えがあります。
迷い始めると迷宮入りしますが、奥深い。

ポリは構造自体は確かに単純かもしれませんが…どのような混ぜ物をするか、もしくはどのような形か、etc...でホントに多種多様だと思います。

そんな中において、ナイロンモノは、海外のメーカーは出していても1種類とか(多くとも2種類とか)。

様々な種類を発売されているのは、、、

ぱっと思いつくのは、写真(写真はトアルソンゴールド)のトアルソンさんと、ゴーセンさん(プリンスさんもコア~なストリング結構多いですね?)くらいだと思います。

これ、何でなのでしょうね。
日本のメーカーさんが力を入れている=日本人に対しては良いけれど…ということ…?
それとも、各社、単純に得意なストリングが違うから、でしょうか?
この辺、またメーカーさんに聞いてみたいと思います。書けることがあればまた書きますね。

ただ、種類が少ない=人気がなくて平凡・普通というわけではなく、皆さん必ず一度は通られるし、

成長過程のジュニアさんやウィークエンドプレーヤーの社会人の方にとっては
➡衝撃が大きすぎず、耐久性もある程度あって、価格も高くない(ことが多い)、テンション維持率も悪くない、癖の少ない打球感

と、良いように書くと、メリットばかりなように思うので、平凡・普通…そんな誤解を解く上でも、各社もっと力を入れていただいてもいいんじゃないのかな、と思っています。

代り映えせず面白味がない、なんて言われてしまうとそれまでではあるのですが、一つの基準としていただいても良い、"基本的な"シンセティックストリング。
そんなイメージで、いかがでしょうか。

色々試打をしまくって、わけがわからなくなった時の基準としてゴーセンミクロスーパーやトアルソンゴールドに帰ってきていただいても良いですし、

実はお探しいただくと、面白いストリングは結構あったりします。
(今後のラインナップとしていくつか考えているものもあります。)

 

普通とか平凡って書くと、なんだかよくないみたいに見えてしまうので、"シンセティックの基本"!

そんな風に思っていただければ良いかな、と思っています。
(どう書いてもどこかには語弊は生まれます。悪いようにとらないでくださいね。)

 

みんなちがって、みんないい。

です。

 

ということで取り止めのない本日はこんなところで。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)