TENNIS(硬式テニス)

煽り方がwilsonに似てきたような・・・【ティーザー広告】

2019/07/02

スポンサーリンク



HEADの黒塗り、7/5に日本全貌公開!とのことです。

HEADがSNS戦略!?ティーザー広告!?動画!?!?

なんだか煽り方がwilsonみたいで、海外メーカーの新製品戦略が似てきているような気がしています。
(とはいえ、SPEEDの際にも黒塗り試打はありましたが。)

 

ただ、そのくらい自信のあるラケットが発売されるということでしょう。

 

予約解禁と共に、当店も予約を開始しますので、しばしお待ちください。

 

ここ最近よく思いますが、黒塗り&メーカーロゴのみのブラックコスメラケットって、一周回ってカラフルな塗装がされているよりもかっこよくないですか?・・・ということ。

全貌公開される前に試打企画をする場合、コスメを隠してラケットを渡すことが通例となっていますが、その黒塗りがかっこいい。

 

先入観に左右されることなく試打をできるので、それが試打の本来の目的だったりはしますが、製品もこのまま全部黒塗りでもいいんじゃないの?なんて思ったりもします。

ちょっと前にも同じようなことを書いたような気もしますが、新製品のシーズンで黒塗りを見る機会が多いので、改めて。

 

もちろん、メーカーとして、色を入れる目的もちゃんとあって、一つはイメージカラー。

HEADを例にとると、ラジカルはオレンジ、インスティンクトはブルー、エクストリームはイエロー、といった具合に、イメージカラーが決まっています。

店頭で手にとってもらうための一つの工夫ですよね。

 

もう一つには、コートでどう見えるのか、も重要かもしれません。

 

例えばプロの試合がテレビで放映されるとして、ラケットって、結構目が行く箇所だと思うんですよね。

大坂なおみ選手が全米で優勝した時にEZONEに注目が集中したことも記憶に新しいと思います。

 

せっかく契約しているのだから、広告塔として先頭で大きく宣伝をしてもらうために、コスメは非常に重要であろうといえます。

 

ですので、例えば、黒塗りで試打してめっちゃよかったのに実際の製品版がデザインが好みじゃないなぁ、、、なんてことがあっても、そこは一つ、目をつむっていただいて、、、

使用感重視で使用していただきたいなぁと思います。

 

なんだかいつものように話が逸れましたが、HEADのブラックコスメ、

NEW FORCE IS COMING

・・・楽しみです。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)