BADMINTON(バドミントン)

詳細スペックを明かさないままの試打というのもなかなかオツなもので【GRAVITAS】【グラビタス】

2018/10/03

スポンサーリンク



とりあえず打ってみてください、という意味合いの"詳細を隠したまま"の試打も面白い。

 

...とはいえ、写真にあるようにスペックはわかりますが…

ゴーセンから、来月の末ごろにグラビタスという新シリーズが始動します。

以下、引用させていただきます。

CONCEPT

野球やゴルフにおいても「芯を食う」という言葉がある。
ボールにスイングエネルギーが漏れなく伝わったことが確信できる感覚である。

バドミントンにおいても、しばしばその表現が使用されているが、
このメカニズムについてはこれまで明らかにされていなかった。

バドミントンで「芯を食う」感覚をより実現できるラケットが出来たなら…。

偶発的な「芯を食う」現象ではなく、能動的に「芯を食う」ショットを
実現するために必要なファクターを備えたラケットの開発を進めた。

新たな開発コンセプトから生み出されたラケットは
芯を喰らう瞬間、シャトルコックが押しつぶされる様子から
「GRAVITAS / グラビタス(重力)」と名付けられた。

…とここまで。

 

コンセプトとスペックだけみて、とりあえず打ってみてね、というスタンスです。

なかなか面白い。

実スペックを計測していますが、なるほど、という感じ。

これは打ってみてからのお楽しみですね。

どれも、"そこまで難しく"は作られていませんので、ぜひ気になる方は試し打ちを。

 

GRAVITAS 8.0 本体価格¥20,000+税

GRAVITAS 7.0 本体価格¥18,000+税

GRAVITAS 6.0 本体価格¥16,000+税

となっており、8.0→6.0と向かうにつれて柔らかく、先も軽くなっていきます。
その傾向はしっかりと試打用にでていました。

 

今回、諸々の関係で、一旦中国製になっています。

価格は攻めましたね~、この値段は正直安すぎる。

塗装とかは結構凝ってるのにも関わらず、です。

いや、本気ですよ。

 

中国製ということで、製品のばらつきは怖いのですが、一本一本計測を行うことで、ご使用になられる前にスペック差を見ていただこうと思います。

ただ、初回そこまで本気で発注をしていません(冬の新製品、多いんです。今年硬式テニスも頑張っちゃってるので、ちょっと様子見です。)ので、すぐにご用意できません…となることだけが怖い。

人気が出てくれるとそれはそれですごくうれしいんですけどね。

 

ということで、グラビタス。

知っておいていただいて、損はないかと思います。

ではでは。

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-BADMINTON(バドミントン)