SOFT TENNIS(ソフトテニス)

そろそろ書いておかないと、と。

2020/08/19

スポンサーリンク



こっそりと投稿させていただきました。

ジオブレイク80シリーズをレビュー!

昨日、一昨日、と当店はお盆休みをいただきました。

良いリフレッシュの時間となりました。

本日からまたこつこつ頑張りますので、ぜひたくさんのご利用をお待ちいたしております。

 

さて・・・

お盆期間中に、姉妹ブログの方に、こっそりとジオブレイク80シリーズのレビュー記事を投稿しています。

ジオブレイクシリーズはどれも書くのが難しく、今回も結構思案しながら書かせていただきましたが、

ガットはシャープとしか合わせていませんので、組み合わせ次第で印象、感覚はどうとでも変わってしまうかと思います。

あくまでも一つの意見としてお読みくださいね。

 

ちゃんとハイエンドではあるけれど、間口は広がったであろう、というのが当店的な見解です。

ジオブレイクシリーズを大枠で考えてみて・・・グロメットがフレームに及ぼす効果はソフトテニスでも大きいな

と当店的には結論づけましたが、これだけジオブレイクシリーズが支持されていることを見ると、

市場でもマイナス印象ではないことはわかりますよね。

 

当店的には前作、ネクシーガシリーズはかなりの完成度だったかと思っていますが、ジオブレイクシリーズの売れ行きには

負けるのかなぁ?との体感です。

そのくらい、売れ行きは好調なように思います。

 

特に70シリーズはSを中心にかなり幅広く使用されていますので、

それよりも打ち応えを求める方には80S、

さらなる一撃の威力を求める方には80G、

と後衛の方には悩ましい選択肢が増えたと思います。

Gは良し悪しありますので、Sから持ち替えがスムーズにできるか?はなんともいえません。

プレーの安定感はSに軍配が上がりますが、しっかりと構えて打ち込む場面が多い方はGの球質も魅力的です。

なんとなくの使用感は試打で見ていただけるかと思いますので、気になる方はまずGがどんな感じなのか?を試していただくのが良いかと思います。

今回は全長以外、重量基準、バランスポイントが同じなので、余計に悩ましいですね。

 

発売されて時間が経てば経つほど、ラケットを理解できる時間が増えますので、また印象は変わってくると思います。

ジオブレイク80シリーズが今後どんな道のりを歩んでいくのか。

楽しみながら見ていきたいと思います。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)