SOFT TENNIS(ソフトテニス)

軽かったら、初めてのポジション向けにいける?

2021/06/21

スポンサーリンク



X規格が出たことで悩ましいお話が増えました。

来月発売するSCUD 01-R/05-R、DIOS 10-C/50-Cに関して、こんな話がありました。

この度、SCUD 01-R/DIOS 10-CにX規格が発売するけれど、今までよりも軽くなるんだったら、初心者向けからの持ち替えもいける?

 

・・・結構難しい話になりますね。

 

初心者向けモデルから、それぞれポジション向けモデルへの持ち替えの際に障壁になり得るのは、

フェイスサイズが小さくなること
バランスが前衛向け/後衛向けで変わること
硬さがあがること
コントロールタイプ/スピード・パワータイプに分かれること
重量がアップすること

等々あるかと思います。
あえて障壁、と書きましたが、テニスに使う筋力がアップ/技術がアップしてくると、自然に持ち替えていただかないと初心者向けでは頼りなくなるので、障壁ではない場合も多々あります。

この度の話で対象になるのは、ラインを引いた3つになりますね。

本当にざっくりになるのですが、

昔ながらの初心者向けの重さ:フレーム平均208g(→今はもっと軽くなっていますね!ヨネックスで195g平均、ミズノで張り上げ215g平均なので、202~203gかな?)
X規格の重さ:フレーム平均223g
U規格の重さ:フレーム平均238g

この、重さのジャンプアップって、結構大変だと個人的に思っています。

15g/30gくらいどうってことないでしょ?

いやいや、結構変わりますよ

なんてお話が、2本目の持ち替えシーズンには多くなります。

 

毎日のようにプレーされるのであれば早い方はすぐに慣れるのですが、Xをずっと使っていて、学年が上がったからとUをもって、やっぱりXの方がいいかも。。というお声もなくはないのです。

プレースタイルの多様化によってラケットの重量やバランスは近年本当に多様化してきています。

ジオブレイクのUL=235g平均、も結構衝撃でしたもん。

 

そんなこんなでちょっと話が逸れてしまったのですが、初心者向け→X→U、という手順を踏んでいただくことを本来はおすすめしていて、初心者向け→Uというジャンプアップはあまりおすすめしないことが多いです。
(買い替えをされる時期によっては、初心者向け→Uもあります。ここはケースバイケースです。)

差が大きすぎると、プレーをまた作り直さないと…というケースも出てくるので、無理のない範囲で徐々に、が鉄則だと思っています。

 

となると、です。

今回、本来はU規格のみだった01/10ランクにX規格が出てくると、重さのジャンプアップは問題が小さくなるわけです。

 

ほら、使えるやん!

 

となってしまうのですが、そこで効いてくるのがフェイスサイズが小さいことと硬さが上がることです。

初心者向けフレームは基本95平方インチ。

ポジション向けフレームは90~85平方インチ。

フェイスが小さくなるとスポットが小さくなり、芯を外した際にボールが飛ばなくなります。

それは05/50ランク(中級向け)であろうと01/10ランク(中上級向けランク)であろうと同じなのですが、

スポットの大きさ(芯のわかりやすさ、しっかり感といいかえてもいいカモ?)についてはフレーム硬さに結構依存してきます。

同じ重さであっても、楽にボールが飛ばせ、スポットが広めなのが、05/50ランク。

もう少し打ち応え重視になるのが01/10ランクです。(スポットは狭くなりますが、芯を喰ったボールは流石に爽快です)

ここから先は正直自己申告になってしまうので、こちらからは何とも言えないのですが、

十分力があって、しっかり真ん中に当たるよ!大丈夫だよ!という方は、重さ的にはいきなり01/10ランクにトライしていただいてもよいかも、しれません。
※流石にPROランクは全くおすすめできません、苦笑

 

ただ、外した際にミスしやすいかしにくいか、ということを考えると、無難なのはどこまでいっても05/50ランクだと思います。

 

何で最近トップモデルやそれに準ずるモデルでも軽いものが出たの?に関しては、プレースタイルの多様化に他ならないと思います。

展開が速くなって今までの重量ではとっさの対応が出来ない、であったり、後衛であっても前に付かないといけない場面が増えてきた、であったり。

ただ、それってあくまでも高校生以上の話がメインだと思っています。

今回のお話にある、初めてのポジション向け

それは中学生(1年後半~2年)に対しての話になりますので、今までのキホンをベースに、臨機応変にお話をさせていただければ、となってきます。

 

メーカーはどんどん変わりますが、それも一つの提案と思い、当店としては一つ一つ丁寧にお話をしていければ、と考えています。

 

ミズノの軽量化にヨネックスも追随するのかは何ともわかりませんが、ボルトレイジは今までの重量基準でしたので、ひとまずはないのかな?
(なんの新製品情報もないから言える幸せ、笑)

 

ということで、なんか長くなってしまいましたが、ラケットの重さと初めてのポジション向けについてでした。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)