SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

なんでもかんでもFFだからいいってわけでもないらしい。【asics tennis】

2019/06/05

スポンサーリンク



重量があることがメリットに働くこともあります。

SOLUTION SPEED FF vs RESOLUTION【写真比較!】

先日の展示会で、ふと、トップモデルにFF(FlyteFoam)搭載モデルと非搭載モデルがあるけどなんで?と疑問を投げかけてみました。

 

トップモデルでFFが搭載されているのは、ソリューションスピードFFとコートFF2。

いわゆるスピードタイプに位置するモデルです。

アウトソールもこの通り。

一番左、レゾリューションのみフラットソールが採用され、スピードモデルは反発性を重視したセパレートソール+シャンクの構造。

逆にFF非搭載なのは唯一のフラットソールモデル、レゾリューション。GEL搭載となります。

 

FFは・・・従来品よりも空気の層が多く、軽さが向上しています。
ただただ軽くするとクッションがなくなって反発も落ちるため頼りなくなってしまうのを、反発性やクッション性を残しつつ軽量化に成功した、、、ここ最近アシックスが推しているミッドソールとなります。

 

ミッドソールが軽くなると、足を持ち上げるとき(要はシューズを持ち上げるとき)に負担が減るため、スピードモデルにはぴったりあった、ということですね。
※ソリューションスピードに関しては前作から軽量化に成功しています。

 

ただ、なんでもかんでも軽くしたらいいわけではない・・・

アシックスがスタビリティモデルにあえてFFを搭載していないのにはそのような理由があると思います。

ミッドソール以下、重量がしっかりとあることで、安定性が増します。特にストップ時に。

そのため、FFがいかに優れたミッドソールであってもレゾリューションには搭載されていません。

 

ランニングシューズ、レーシングシューズにおいては、上位機種からどんどんFF搭載に変わっていっていますが、色々な方向に動く(もしくは止まる)テニスにおいては、プレースタイル毎に最適なミッドソールもあるということですよね。

 

重いから悪いわけではなく、重いから安定感がある。
(重すぎたらしんどいでしょうが。。。)

レゾリューションが長年愛されているのには、隠されたいろいろな理由がありそうです。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)