SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

F SPEED V-05/S-05、EXCEED TOUR 5、それぞれ4月に登場!

2022/02/05

スポンサーリンク



ラケットはもとより、シューズも良いと思います。

ただ、、、このご時世ですので、シューズは発注していません…
(納期が読めない発注はめちゃ怖いんです…)

ミズノさんの新製品情報です。

まずは、

F SPEED V-05/S-05。

弾きのF SPPEDシリーズから、ミドルレンジモデルの登場です。

カラーリングも爽やかで、中学生におすすめできる"初めてのポジション向け"モデルになると思います。

まだ試打用も届いていませんし、ご予約もまだ受付が出来ませんが、要チェックです。

今年の春はVORTRAGE 5V/5S、GEOBREAK 50V/50Sの新デザインと共に、選びたい放題ですね!

良きです。

 

あとは、展示会でおお!と思ったシューズ。

エクシードツアーの新作です。

オールコート用とオムニクレーコート用(2色)が展開されますが、アッパーの進化と、かかと部の形状進化にミズノさんの本気を感じました。

まずアッパーですが、今までのエクシードツアーは、前足部が硬い、というお声がちらほらとありました。
(当店で販売していなくても、ガット張りの最中など、よくお話させていただくのです。)

今作は、その前足部の屈曲性の向上と、内甲摩耗部分の耐久性の向上が両立されているようです。

前足部の屈曲性は32%UP、内甲摩耗部分の耐久性は21%UPとのこと。

重量比率を最適化して、重量も10%軽量化されています。

重量がしっかりとあることも重要なのですが、重すぎるのもNG、このあたりのバランスは難しいですよね。

 

あと、かかと部なのですが、今までのミズノさんのシューズはかかとのアールがゆったりなことが多く、かかとのホールド感が少し落ちるケースがありました。
※例えばアシックスさんのシューズのかかとと比較していただくとわかりやすいと思います。

アールがゆったりなことによるメリットもありますので、どちらかが正義、というわけではありませんが、トップモデルではそこのホールド感が出てくれるといいなぁ、と思っていました。
(シューズのターゲットが異なるためです)

今作では、そのかかと部のホールド感がかなりありそうな形状をしており、足入れがかなり変わってそうな印象を受けました。

 

実際には履いてみないとわかりませんが、ミズノエナジーも搭載されていますし、期待のシューズになると思いますよ。

 

ということで、少し気が早いですが、4月発売の商品のご紹介でした。

 

では。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)