SOFT TENNIS(ソフトテニス)

ネクシーガ80Sとジオブレイク80S、迷われる方が多いです。

2021/05/27

スポンサーリンク



近いようで遠い、親戚のような関係?

ここ最近、特に高校生や大学生に多いのですが、上記2機種を迷われる方が多いように思います。

 

ジオブレイクのグロメット由来の独特の打感は、発売当初から色々と言われていましたが、今や支持される方が本当に多くなったな、と思っています。

思っているより回転がかかってる、思っているより鋭いボールが飛んでる、etc...

計算(感覚的な計算、このくらいいってるだろう)+αがある、ということは魅力だと思います。

50→70→80となるにつれ、しっかりと硬さも増し、上級仕様にちゃんとバージョンアップされていく過程をみていると、流石だ、と思わせられました。
(個人的なアレとして、80Vの超先軽仕様はなかなかに良い!と思っています。)
(発売順は70→50→80でしたね。)

硬いフレームほど、グロメットの柔らかさ(少し打感がぼやける感覚)は感じにくくはなっていたのですが、それでもネクシーガユーザーの方からすると、少し違和感が、というお声があったのも事実。

打感がある程度しっかりしてくれているネクシーガは、思っている通りのボールが出やすい、とのことでまだまだ根強いですし
差し込まれた時やぎりぎり返球できる場面で、ジオブレイクのアシスト感は強い味方だ、もよく理解が出来ます。
(イメージと出ていくボールが近いことは結構重要だと思います。)

どちらも回転性能が魅力的なラケットではありますが、両者の特徴は近いようで遠い、親戚のような関係です。

ということで、今現在、ネクシーガ80Sとジオブレイク80Sは、どっちにしよう・・・と悩まれる方が割と多いのです。

これは結構難しい問題だと思います。

ネクシーガ80Sは一応まだカタログ品番です。

ただ、発売してから結構長いので、いつ廃番になるのやら。。。は我々としても少しドキドキしています。
(突然廃番になることもたまにありますので…)

ジオブレイクがハマるのであれば、新しいものに移行していっていただくことはおすすめですが、どうにも違和感があるなぁ、という方もいらっしゃるので、

そうするとネクシーガ80Sも再度検討いただくのが良いかと思っています。

 

そのほかの候補としては、ミズノのSCUD pro-Cあたりになりますが、捻じれがあるモデルは両80Sになりますので、この両者の比較が多いのでしょうね。

 

迷われたら試打をされることもよいかもしれません。

 

何かありましたら、ご購入の際に是非店頭でご相談くださいね。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)