SOFT TENNIS(ソフトテニス) TENNIS(硬式テニス)

WAVE EXCEED TOUR 3 OCとWAVE EXCEED 2 OCがそれぞれ入荷しています。

2018/07/05

スポンサーリンク



エクシードツアーの限定カラーと、エクシードはリニューアル!

軽量性とフィット感がウリのWAVE EXCEEDが2になってリニューアル!(写真の上2つ)

大きな変更はないものの、デザインパターンを変更することで軽量化に成功。

…軽さを追求しすぎると耐久性だったり耐ブレだったり、機能的に落ちてしまう部分が多くなりがちです。

ですので、プレー強度的に、中高生の女子と中学生男子に特におすすめしたいな、と思っています。

軽量シューズでも、アッパーが著しく弱いということはないかと思いますので、上に書かせていただいた方にはばっちりハマるのかな、と。

高校生男子はプレースタイルに合わせて選んでいただくのがベストです。軽量性が必要なのか、シューズには剛性を求めるのか?

ラケットやガット同様、考えていただきたいな、と思います。そのくらいの選択肢が今の世の中にはあります。

 

社会人の方に関しては自身のプレー強度とか体の力強さに合わせてモデルを考えてください。

店頭での相談も是非。

 

ちなみにミズノのミッドソールでこのシューズに搭載されているのはPOWNCE(パウンス)。

ap+というミッドソールもあるのですが、最近はPOWNCE搭載モデルが増えていると思います。

ミッドソールが○○だからどう、というのはなかなか言える部分ではありませんが、POWNCEの方がap+よりも世代としては新しいので、新シューズにはどんどん採用されている印象です。

ミズノの説明としては、ap+の反発性を残しつつ、10%程度軽量化しています、とのこと。

 

後はエクシードツアー3OCの限定カラー。

さわやかな良い色ですよね。※カラー発売のみで中身は変わってません。

エクシードツアーシリーズは、エクシードの軽さを継承しつつ、アッパー部分のがっちり感をプラス。

硬式テニスのツアープレーヤーにも信頼の厚いモデルとなります。

ウリで言うと、軽さと安定のバランス、でしょうか。

とにかくがっしりさせたモデルはインテンスツアー、これはオールコートモデルのみ発売されています。

めっちゃ重いモデルです。ここまで重いものは最近あまり売れないので、がっしりさせて耐横ブレ性能を上げて、でもある程度軽く、という難題を各メーカーがクリアしていこうとしています。

絶対年々開発するの大変です。

 

そんなところで・・・

WEB SHOPへはこちらからどうぞ!

The following two tabs change content below.
tatsumisports 起己スポーツ
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス), TENNIS(硬式テニス)