SOFT TENNIS(ソフトテニス)

比較対象このへんかな?と80Sと一緒に。【DIOS PRO-X】

2020/02/03

スポンサーリンク



とりあえず軽く打ち始めています。まだ詳しくはわかっていません。。。

DIOS PRO-X、徐々に打ち始めています。(ガットは色々考えて、シャープを張りました。)

GEOBREAK 50シリーズと共に、なんて書こうかな、、、と考えつつ。。。
(ミズノさんのソフトテニスtwitterアカウントで突如正体が明かされたマルチホールドも打たないと、ですし、ホント・・・一気に出るのやめてほしい、、、(嬉しい悲鳴))

打っていて思ったのですが、DIOS PRO-R、-Xを打ち比べる必要もあるのかもしれません。
じっくり眺めるとどちらもティアドロップ形状で、平均バランスポイントも同じです。
※PRO-Rは85平方インチに16×16、PRO-Xは同じ85平方インチに16×17ですので、フレーム設計とストリングパターンが異なります。

軽く打った感想(レビュー記事で内容が変わる可能性もありますので、あくまでもファーストインプレッション)として

PRO-Xと80Sをざっくり比較してみると
(この両者の比較が果たして正しいのかどうかはわかりませんが多分ここだろう、と)

・よりボールが上に上がりやすいのが80S(持ち上げやすいイメージ)
・直線的にボールが飛び出していくのがPRO-X(パワーがあるイメージ)。

(↑この直線的な弾道でPRO-Rを思い出しました。PRO-Cとはかなり違うけれど、PRO-Rとは似たようなニュアンス持ってる?・・・と)
また、打球感もPRO-Xの方が硬いように感じます

ハードヒッター向け、というキャッチコピーは正しそうで、しっかりと力がないと扱うのは難しいかも(特に後半)しれません。

80Sも上級向けに位置しているので、もちろんちゃんと硬いことは硬いのですが、毎度、ミズノさんのハイエンドモデルはしっかりと硬いな、と思わされます。(流れでジオブレイク50シリーズを打つと打感が軽くて柔らかくってびっくりします。)

ガットとの合わせ方も難しいですが、フレームがしっかりとしているので、細ゲージのマルチとかも良さそう。

 

ハイエンドモデルですので、

競合するラケットが何なのか
どのようなプレーヤーにおすすめしていくのか
どうやって合わせる?
etc...

考えることが多く、色々と悩ましいです。
F-LASER 9Sユーザーはこれを使用してどういう感想を持つだろう?とか。

 

日記的な内容になってしまい、申し訳ありませんが、ゆっくりと前進しておりますので、しばしお待ちいただければ幸いです。

我こそは!という方のご予約もお待ちいたしております。

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-SOFT TENNIS(ソフトテニス)