TENNIS(硬式テニス)

多分在庫はしないのですが、アストレルシリーズが地味にリニューアル。でも面白いと思いますよ。

2020/05/18

スポンサーリンク



当店のお客様には当てはまらないかな、と在庫はしないつもりですが、完成度は高そう。

ヨネックスのデカラケシリーズ、アストレルがリニューアルされます。(上記写真は100)

下記、メーカー説明を。

ヨネックスは、ヨネックスアドバイザリースタッフの伊達公子との共同開発で生まれたテニスラケット新「ASTREL (アストレル)」を2020年6月下旬より発売いたします。

主に30代以上のテニス愛好者向けに開発されたASTRELは、一般的な円形ラケットよりスウィートエリアが7%広い弊社独自の形状理論「アイソメトリック」とフレーム自体を隆起させて、正面厚を肉厚にすることでストリング有効長を伸ばした「進化したクアッドフォースギア」によりスウィートエリアを拡大し、「飛び」をさらに追及しています。

また、高強度で粘り強い新樹脂「リアクトレジン」を複合したカーボンをラケット全体に使用することで、「柔らかさ」を保ちながら「軽量化」し、ヘッドライト設計で操作性を向上。さらに特殊なメッシュ状の振動吸収素材「VDM(Vibration Dampening Mesh)」をグリップ部に広範囲にわたって内蔵することで振動吸収性を高め、柔らかく快適な打球感を生み出します。

伊達は、「私の経験とヨネックスが数々のラケットづくりで培ってきたノウハウを融合させることで生まれたのがこの新アストレルです。ポイントは球持ちが良く、柔らかい打球感なのに、しっかり弾く心地よさ。気持ち良く快適にプレーして、テニスを楽しみ、好きになってもらえるラケットに仕上がったと思います。カラーリングは私が好きなダークネイビーを取り入れながらも、アストレルは男性女性問わず使ってもらえるラケットなので、両者から好かれるデザインというものを心掛けました。」とコメントしています。

フェイスサイズは前モデルから展開している105 inch2、115 inch2に加え、100 inch2をラインナップに追加し、男女問わず幅広い層のお客様にテニスの楽しさをお届けしてまいります。

当店的なアストレルの印象は・・・THE YONEX・・・なフェイス形状です。

115は特にそうなのですが・・・どう見ても四角やん・・・という形をしています。

面内全てがスイートスポットなのでは?というような。。。

(スイートスポットを外した時にこそ仕事をする→スノワートラケットの売りの一つですが・・・こちらはより競技向けのイメージですね。)

 

前作からの進化ポイントは、まず一つ目にはフェイス形状。

ヨネックスってすごいなぁ、といつも感心する部分なのですが、新作になると、だいたいモールドが変わります。

スイートスポットを拡大するための工夫の一つとして「ストリング有効長の拡大」というものが挙げられます。

面のサイズは設計の通り・・・105とか115なのですが、今までのアストレルシリーズでは、グロメットパーツを外に張り出すことで、通常の(といっていいのかな?)105とか115の面のサイズに使用するであろうストリング量よりも多いストリング量を使用し、特にフレームの4隅の飛びを向上できるよう、工夫がされていました。(←時計では1-5-7-11時の部分。)

使われる糸が長い方が、トランポリン効果が得られやすく、小さい力で楽に大きくボールを飛ばせるということですね。

その結果、見た目がめっちゃ四角になっていたわけです。

ただ、このグロメットパーツが重たかった(←よりヘッドヘビーになってしまう)ということで、今作はフレーム形状を工夫することでグロメットパーツを軽量化しつつ、有効長はそのままのレベルに出来ているようです。

こういう系統のラケットはあまりブンブン振り回す設計ではないので、空気抵抗がどうか、はあまり気にしないで良いと思いますが、振り抜きも上がってるんじゃないかな?と予想しています。

 

あとは、VDMですね。

ここ最近のフレームにとりあえず搭載されている振動吸収素材です。

 

全体としての大きな機能変更はこんなところでしょうか。

 

で、声があれば在庫しても良いのではないか、と思っているのは、画像の100。

280g/325mmの新スペックで、

ガチガチのテニスはもういいんだけれど、デカラケはなぁ、、、という方であったり、
楽したいけれどラケットはある程度振っていきたい、という方であったり、

テニスを楽しみたい、という方に幅広くおすすめできる「デカラケみたいなフィーリングをもったチームスペック」・・・

って感じにならないかなぁと思っています。

アストレルのウリは柔らかい打球感・飛び。

意外と競合相手がいないフレーム・・・アストレル100。(それこそスノワートは競合フレームありそうだな・・・?)

ちょっと楽しみにしています。

 

ということで、あまり普段説明をしないデカラケ。うまく説明できているのか不安ですが、25%OFFにてご提供は可能ですので、

よし、起己スポーツで買ってやろう、という方のお問い合わせをお待ちしております、笑
(5月中は予約受付しております。)

6月下旬ごろ発売とのことですよ。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
起己スポーツ STAFF
兵庫県は明石市、魚の棚近くに店舗を構えるスポーツ用品専門店 起己スポーツ(@tatsumisports)です。 本ブログでは、ソフトテニス・バドミントン・卓球・硬式テニスの各種情報の発信を中心に更新させていただきます。 基本的に毎日更新いたします。WEB SHOPとのコラボ企画も行います。是非毎日チェックをお願いいたします。

-TENNIS(硬式テニス)